回転の作品情報・感想・評価

「回転」に投稿された感想・評価

上品なホラーだなと思った。
血は出ないし、デカい音でビビらせようとしない。モノクロなので屋敷や風景から陰鬱な雰囲気が出てて良かった。

内容は怖くないけど、幽霊の出現の仕方がむちゃくちゃ怖かった。
前フリも特殊メイクも使わずさりげなく霊が出てくるだけでこんなにゾ〜っとするとは思わなかった。心霊番組で霊が写ったビデオや写真を見た時の怖さに似てた。
P1島

P1島の感想・評価

-
僕もうさぎの形のゼリー叩いてぶるんってさせたい。
ほとんどの時間集中できず、ラスト20分くらいでやっと惹かれるものがあった。終わってみるとなかなか。
原作『ねじの回転』は未読なんだけど、レビューを読んでみて、益々得心がいった。いつかまた観てみたい。
m

mの感想・評価

-
幽霊の出し方怖い
音声の映画だ
規制厨

規制厨の感想・評価

2.9
良くできた映画
ライティング、すげえ
劇中歌われる歌がとてもよい
柳の歌で幕が開く。アバンタイトルの祈りの手がただならぬ雰囲気を醸し出している。

驚いたのはその映像。白黒なのに色鮮やかに見えてしまうのは何故だ?自分の妄想なのか目がおかしくなったのかは分からないが、もはや幻想的ですらある。

この映画、怖いかと言われればそんなには怖くはないけれど、解釈次第では結構怖い気もする(特に性的な意味で)。とにかく登場人物が皆、何かを隠している感じがすごいから観ていて終始不安な気持ちにさせられる。ギデンス含めて誰一人信用できない。

幽霊は果たして実在するのか、それともギデンスの暴走なのか、歪んだ愛、歪んだ欲望、狂気、アンファンテリブル…思い返すと迷い出す思考の迷宮。面白いね。解釈を観客に委ねて煙にまくやり方、嫌いじゃない。

そして衝撃のラストシーン。鼻水出た。
前日譚もあるらしいので観てみようっと

邦題の『回転』の意味が分からなかった。なんで?
上旬

上旬の感想・評価

4.3
ゴシックホラーに加え、心理学的サスペンス、危ういエロティシズムが内包されたすごい一本でした。
草むらに佇む女が遠くに一瞬だけみえるってすごい怖い。
すべて主人公の妄想なのか、それとも怪奇現象は本当にあるのか。最後まで分からない。そして主人公をおかしくしてるのはキリスト教的子ども観という皮肉。
あのキスシーンであ、これはそういう話でもあったかという。鳥肌がたった。
町山智浩さんの「映画ムダ話」きくとすごくよく分かるのでおすすめです。
うずら

うずらの感想・評価

4.5
19世紀ヨーロッパの舞台・装飾が美しいモノクロホラー映画。
ゴシックで美しい世界の中で、なにかいけない事が起こっている。
神秘的な映像と、恥美なストーリーに興奮した。
>|