deenity

鉄男 TETSUOのdeenityのレビュー・感想・評価

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)
2.6
インパクトは絶大。存在を知ったのは『桐島、部活辞めるってよ』がきっかけ。しかしこれを理解できるなんてハイレベルな高校生だ。または自分にはない感性を持ってるんだろうな。全然理解できない。あらすじを終わってから読んでようやく理解した。ん?理解してないのかもしれない。ただ感覚から言えば不思議な感覚だ。映像美というか音楽のセンスというかワンシーンワンシーンがかっこよく見えるのが不思議だ。少し『イレイザーヘッド』を彷彿とさせるシーンもあったな。この辺の見せ方を評価されているならまだわかる。世界的に評価されてる作品だしな。何かよくわからんけど面白いと感じた自分もいた。ただ内容が、というならわからない。だってストーリーは理解できないもん。