「鉄男 TETSUO」に投稿された感想・評価

初期の塚本晋也が粗削りながら魅せる独特な世界。平凡な男の体が金属化していくという理不尽さは中盤で因果応報へと変わり、その人間性を保てるのかというサスペンスも濃厚に。田口トモロヲの表現力も圧巻。お前のドリルで天を突け!ですよ。
サイバーパンクインダストリアルサイコホラー(適当)。たぶんこれが好きっていうと多くの人から気持ち悪がられると思う。

色情報のない映像は、金属の無機質な質感を表現するにはぴったり。ストップモーションや脈絡のない抽象的イメージのカットイン、突如のノイズ、実験的過ぎて正直理解は及ばないのだが、それでも見ていられる。

これこそが映像の力!圧倒的な映像にはストーリーなど二の次で十分。いや、もはや必要ない?

ケネス・アンガー監督作品を連想した。
冷静に考えたら私には理解できない部分が多かったしあんまり好きなタイプの映画じゃない、、、、、、
けど、白黒の映像、ストップモーション、音楽、演出とかの映画を構成する部分がすごいなってゆー感想。
【汚ねーぞ鉄雄!素手で勝負しろォ!】
開始5分でもうダメ.
モノクロで視覚的に見づらいし 見えたところで気持ち悪さとチープさしか感じない.
音はずっと叫び声とノイズばかり.

この作品に携わった人 この作品が好きな人には申し訳ないけど 私にとっては不快感のカタマリ.
☆0点 っていうかマイナス.
モノクロは何でもカッコ良く感じてしまうが、特にカッコよかった。観たことは親に秘密にする感じ。
ストーリーがどうのこうのっていうよりもひたすら美術すごいーって思った。
とりあえずある意味ですごい映画。内容はあるようでなく、グロとエグいのが混ざりなんとも言えない感情になる。
手作り感がすごく、B級感が漏れ出している。ここまでなんと表現したらいいかわからなくなる映画は初めて見たかもしれない。
【感想】
・とにかく退屈しない、衝撃的意味不明作品
【誰にお勧めか】
・退屈な人
・シュールな人
・左脳的な仕事に疲れた人
【もう1度観たいか】
・はい
【観た環境】
・森下の怪しいバー
【ジャンル】
・ホラー
・SF
【良かったところ】
・まさかのドリル
・意味不明な展開
・「えっ…」の連続
【良くなかったところ】
・意味を考えるとしんどい
【注意事項】
・エロシーンあります
>|