鉄男 TETSUOの作品情報・感想・評価

「鉄男 TETSUO」に投稿された感想・評価

とにかくインパクトがすごい。
もう苦笑いしか出てこない…。

冒頭のボルトのシーンやメガネ女のくだりはまだ、ホラーだな、怖いなと自分の中でかみ砕ける所もあったが、中盤以降はただ塚本ワールドに飲み込まれるのみ…

役者さんも常にトップギアのハイテンションだし、映画としての熱量がすごい。
少人数の自主制作でここまでやれることに驚嘆。
サイバーパンクが流行って居た頃に初見。モノクロで機械っぽいモチーフ使い、かなり実験的な映像でした。塚本晋也監督の名前を初めて認識した映画です。
平成初期の映画だけど、もう何がなんだか分からなくなってきたカオスな日本の象徴として本作を観た場合、意味深な内容かも知れない。大体サラリーマン(中産階級)が機械と融合するなんて図式的な発想じゃないかと思うし。

塚本監督は敢えてそんなバブル崩壊前の日本型システムを風刺しつつサイバーパンクな活劇として昇華させた辺りはズバ抜けて凄い才能の持ち主である。やたら画面が鬱陶しくチカチカするが、石川忠のインダストリアルな伴奏と相まってノイズ・ミュージックでも聴いているような感覚に陥る不思議さ。

個人的には「ブレードランナー」以上に革命的なSF映画だと思っている。
台詞がほとんどないこと、白黒、不気味なSE、最後のスピード感がすごかった。
トンキ

トンキの感想・評価

3.7
色々怖い、白黒、音響、
でもなんだかクセになる。
小さい時に見たら絶対トラウマになってただろうな。
ホ

ホの感想・評価

-
具合悪い時に見ると体調が悪化する
カルト映画 また凄いもの見ちゃった
人にこれ見たんだけど、とか勧めることの出来ない映画
AKIRAをカルト100%にしたらこうなるのかなって

もひもひ?もひもひ?もひもひ?もひもひ?もひもひ?
あたし大概のことには驚かないからさ
文字通りのチンコドリル(回転するよ)
セックスシーンいらなかったな。
イかれてる作品かと思って観ているのに
セックスシーンが案外普通だと、何だと冷めてしまう。

目のメイクもいらないな。
ありきたり感に興醒めしてしまう。

芸術性とか映像技術とか分からない、だからこそ
奇抜さに期待して観ているのだから
それを貫いて欲しかった。

「大概の事には驚かない」
まさにそんな状態で観ているものをもっと惹きつけてくれる映画かと思ってたから残念さが強い。
>|