むらの小路実篤

ロスト・ワールド/ジュラシック・パークのむらの小路実篤のレビュー・感想・評価

3.8
酷評されているジュラシックパーク2ですが、そんなに悪くないと思います。
やっぱり実際見たことない恐竜が動き回るのは胸熱で、さらにアクションの緊迫感は前作以上の仕上がりです。

ただ、盛り上がり重視で、段々と収拾がつかなくなってきてる感がすごく、商業主義批判、恐竜の母性本能…テーマがごちゃごちゃで結局、筋の通ったストーリー性はなく、何も得ることがないです。
誰も見たことないリアルな恐竜をCGで蘇らした、感動的な前作と比べて、単なる商業映画となってしまった感は否めないです。

PS:前作で改心したせいか、ジェフ・ゴールドブラムが、偏屈なおっさんから勇敢な主人公に様変わりして、イケメン化してたのは良かったです。
大塚芳忠さんの吹き替えもいい声ですね。