TSUBASA

エスターのTSUBASAのネタバレレビュー・内容・結末

エスター(2009年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

この娘、どこか変だ。

このキャッチフレーズが目につく
エスターは、想像を超えた良作
でした!
最初はエスターに感情移入できる
部分もあるのですが徐々に
エスカレートしてきて信用でき
なくなる。
視聴者は恐らく出演している
母親とほぼ同じ感情変化を
辿っていくかと。

オチも面白くて
そうとなれば最早容赦の欠片も
ない。だけどどこかに
やはり愛というか愛されたい
気持ちはあったんですかね。
ただしやはり狡猾すぎるので
エスターはまあ許せないですねw
親の気持ちになれば
あの病院での殺人未遂なんて
殴りたくなるどころか憎くて殺して
やりたいでしょうおそらく。

それを庇う父親、、(笑)
ホント、父親の鈍感さには近年稀に見る
いらいらさを感じました(笑)
挙げ句の果てには何もしないまま
おだぶつ、、、
おいおいまじか、と思いましたw

ホラーとは言えないですが
スリリングな、サスペンスというか
ミステリアスな映画です!