えし

エスターのえしのレビュー・感想・評価

エスター(2009年製作の映画)
3.8
イィヤァな雰囲気。

3人目の子どもを身籠っていたが、死産してしまい塞ぎ込んでいた主人公の女性。
その苦しむ様子を見ていた夫は、孤児院から養子を迎えようと提案する。
そこで出会った1人の少女・エスター。
絵が上手く利発な彼女はロシア出身で、不幸な身の上であるといい、英語もここ数年で習得したという。
彼女を気に入った2人は、家族に迎え入れますが…何かヘンです…

怖いよぅ、こわいよぅ。
ここ数日「呪怨」一気見しても怖いなんて全然思わなかったのに、これは怖い。

いつもCSで録画するも見ず仕舞いで、なんとなく消してしまう。
なぜか。予告だけ見てもめちゃくちゃ苦手な怖さだとわかったから。
でも気になって録画してしまう。
これ一種の呪いだろと思って覚悟決めて観てみたわけだけど、やっぱり胃のあたりがキュキュっと軋むような痛みが走る緊張感。

面白かったけど、エスターの顔が浮かびそうで、ううぅゔゔぅ。

FOXムービー2018/4/29。