海辺のポーリーヌの作品情報・感想・評価

海辺のポーリーヌ1983年製作の映画)

PAULINE A LA PLAGE

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

4.0

「海辺のポーリーヌ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.8
馬鹿みたいに面白い、馬鹿みたいな映画。信じられないくらいに美しい光に恵まれたショットの数々。男も女も、若者も子どもも中年も、みんな恋に恋して、あーだこーだ言ってる間に夏が終わっていく。。ただいま全国巡業中なので是非映画館で。
YukiKato

YukiKatoの感想・評価

4.5
この映画の中にぴょいって入れちゃったら、そのまま出てこれなくなってもいいや、わたし
全然いい
saeta

saetaの感想・評価

4.1
ロメールはDVDで観られる作品も少ないので、貴重なロードショーで鑑賞。

なぜか観ながら山口百恵の「ひと夏の経験」がリフレインされてしまった…

悪くない映画です。
フランス人めんどくさい…
usagi

usagiの感想・評価

4.5
恋愛においては大人も子供も正直精神年齢変わらないよね。愛は意志じゃない、でも紛れもなく自分の意志だとも思う。
Umi

Umiの感想・評価

4.5
元気でる
初ロメール。

フランス映画特有のなめらかに惜しむことなく紡がれる言葉たちが心地よい。
みな臆する事なく愛を語り自分の想いを他人と、私たちと共有してくれる。
こういう少女(子供)と大人を扱った作品は子供を1番理知的で冷静な位置に置きがちでやはりポーリーヌがその役割を担っていた。

マリオンの美しく完璧な彫刻のような肢体と、ポーリーヌの日に焼けた未成熟で健康的な肉体が夏の海より眩しい。
作中でアンリはマリオンが完璧すぎてつまらないというような事を言っているが完璧な人間などいないし、自分の愚かさを知りながらなお愛にまっすぐ走るマリオンが1番好感を持てた。
ラストのアンリとシルヴァンそれぞれの言葉を信じましょって言ったマリオンは最高にいい女だと思う。

色んな男が出てくるけど個人的には一瞬だけ出てきた郵便のお兄さんが1番すき、、、
先に出会った人に権利がある
だよね
natsuki

natsukiの感想・評価

3.8
男と女なんてしょうもないの(笑)
言った言わない愛してる愛してない!
それでもどこまでも美しく描かれる男と女、面白かった。個人的に、マリオンの手のこなしが完璧だと思ったけど、本人による自然なものなのか、ロメールの仕業なのか気になる
krewksy

krewksyの感想・評価

3.9
初対面の人も元恋人も、年齢関係なくそれぞれの恋愛観をベラベラと話すのが良かった 15歳のポーリーヌが一番大人。
フランスではアンリのような“ただ優しすぎるだけ”の中年男が何故モテるの、、
マリオンの考え方や行動も全く理解できないけれど、彼女のラストの台詞には妙に納得させられる
それぞれに都合よく考えて真実を知らずにいることも たまにはいいのかも?
>|