海辺のポーリーヌの作品情報・感想・評価

海辺のポーリーヌ1983年製作の映画)

PAULINE A LA PLAGE

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

4.0

「海辺のポーリーヌ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.8
馬鹿みたいに面白い、馬鹿みたいな映画。信じられないくらいに美しい光に恵まれたショットの数々。男も女も、若者も子どもも中年も、みんな恋に恋して、あーだこーだ言ってる間に夏が終わっていく。。ただいま全国巡業中なので是非映画館で。
ubik

ubikの感想・評価

-
乳首が浮き出た水着がいい。突先。
振り返る時がいい。
natsuko

natsukoの感想・評価

3.8
ポーリーヌのマッシュヘア、かわい。
男って…。女って…。
り

りの感想・評価

-
DVDをおととい買っていて観た フランス語字幕付きなのでフランス語の勉強ができてはしゃいでいる ロメールは最高
notanota

notanotaの感想・評価

3.7
愛について雄弁であればあるほど、空虚に滑稽に感じられるのだなぁ。これはエリックロメール共通だなぁ〜
大人たちが子どもを全然子ども扱いしないのが興味深い。みんな身勝手に欲望に忠実。こんなにも恋に浮かれることってできるのね。
密かな注目ポイントはポーリーヌの腰とお尻の境目のくぼみ。未成熟な色気にどきどき。

そうして、
最初と最後の門のシーンで、ひと夏をきれいに閉じ込める。
軽やかな刹那を感じました。
かえ

かえの感想・評価

3.8
南フランスの空気感、雰囲気ムンムンな作品
なにあの素敵な庭!家!
フランス人って本当に愛に関して語るのが好きなんだなぁ、ポーリーヌの歳でこんなにしっかり愛を語れないよ日本人
この歳の子の話をしっかり聞いて意見し合うのも印象的だった

どれもそうだけど、ロメールの作品は女の子がどの子も本当にカワイイ
だからこそ彼女達が惚れる男が理解できないときに、自分も彼女達の友達になったかのようにもどかしくなって、他の人にしようって説得したくなるまでに観客を没入させる

それぞれが信じるものと現実のギャップにちょっとニマニマさせられながら、実際の世界でも似たことはよくあるんだろうと思うと笑えなくもなったり
自分の彼氏に限って、と思い込める相手がいるのはある意味では幸せなのかな

自分の方が上手に立ってると思ってる女の子はなんでこんなに魅力的なんだろう
gwennnn

gwennnnの感想・評価

4.3
喜劇と格言劇シリーズなら
これと緑の光線が人気なのだろう。

例に漏れなく自分は「海辺のポリーヌ」 が好きだ。

何が好きと言われても
抽象的な答えしか挙げられないが
好きなものは好きなので。

しかし、あの美人の従姉妹がなんで
あんな胡散臭いおっさんに惹かれるかが
よく分からなかったけれど、、劇中魅力的な描き方をあえてしてなかったように思うし、ロメールに聞いてみたい。

バカンスマジックということにしておきたい。。
>|