海辺のポーリーヌの作品情報・感想・評価

海辺のポーリーヌ1983年製作の映画)

PAULINE A LA PLAGE

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

4.0

「海辺のポーリーヌ」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

15歳の女の子ポーリーヌと、その従姉マリオン、モテるハゲのアンリ、イケメンなのにモテないピエール、海でポーリーヌと知り合う男の子シルヴァンたちが色恋沙汰で揉めたり、恋愛談義したりする映画。

フランスの男性はアンリみたいな、自由でモテる男のイメージがあったけど、ピエール君みたいな優しくて真面目でまあまあ正論を言ってるのに全然女性から相手にされないという(マリオンだけでなく15歳のポーリーヌにさえも…)童貞感ただよう男性もいるのだな、とどこか親近感が湧きました。

そして単に「アンリみたいな男には気をつけよう」みたいな落とし所じゃないところもよかった。

マリオンの最後の台詞が心に残った。


恋愛には痛みが伴うし、「口は災いの元」だけど、それを笑い飛ばしながら生きていける軽やかさ。
やっぱり女性はすごい、という映画でした。
フランス人にとってのバカンスは恋愛の代名詞
ノルマンディーの海が冷たそう
ハゲでもインテリならモテるのだろうか。
Hana

Hanaの感想・評価

3.7
気持ち悪いけど爽やか
夏が待ち遠しい
ひなむ

ひなむの感想・評価

3.5
これもまた人間模様にモヤモヤさせられるロメール作品。
バカンスってどんな感じなんだろう、サークルの夏合宿のもっとノープラン版かなと勝手に解釈。
海辺で過ごす彼女たちの健やかな肉体を、いつまでもなぞるように見ていたくなった。
あとフランス人って子供の頃から恋愛偏差値高めだと思った、幼くてもちゃんとラブを語れるのは偉い。。大人の方がズルくて曖昧でおバカ。
そして最後はまたもスカッとさせられた。
yusuke

yusukeの感想・評価

2.5
色彩のみずみずしさが主人公の少女とマッチしていた。詩的なセリフや行動が、現実離れしていて歯がゆかった。
YukiKato

YukiKatoの感想・評価

4.5
この映画の中にぴょいって入れちゃったら、そのまま出てこれなくなってもいいや、わたし
全然いい
saeta

saetaの感想・評価

4.1
ロメールはDVDで観られる作品も少ないので、貴重なロードショーで鑑賞。

なぜか観ながら山口百恵の「ひと夏の経験」がリフレインされてしまった…

悪くない映画です。
フランス人めんどくさい…
usagi

usagiの感想・評価

4.5
恋愛においては大人も子供も正直精神年齢変わらないよね。愛は意志じゃない、でも紛れもなく自分の意志だとも思う。
>|