海辺のポーリーヌの作品情報・感想・評価

海辺のポーリーヌ1983年製作の映画)

PAULINE A LA PLAGE

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

4.0

「海辺のポーリーヌ」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

15歳の女の子ポーリーヌと、その従姉マリオン、モテるハゲのアンリ、イケメンなのにモテないピエール、海でポーリーヌと知り合う男の子シルヴァンたちが色恋沙汰で揉めたり、恋愛談義したりする映画。

フランスの男性はアンリみたいな、自由でモテる男のイメージがあったけど、ピエール君みたいな優しくて真面目でまあまあ正論を言ってるのに全然女性から相手にされないという(マリオンだけでなく15歳のポーリーヌにさえも…)童貞感ただよう男性もいるのだな、とどこか親近感が湧きました。

そして単に「アンリみたいな男には気をつけよう」みたいな落とし所じゃないところもよかった。

マリオンの最後の台詞が心に残った。


恋愛には痛みが伴うし、「口は災いの元」だけど、それを笑い飛ばしながら生きていける軽やかさ。
やっぱり女性はすごい、という映画でした。
ykk

ykkの感想・評価

5.0
サガンの小説、悲しみよこんにちはを思い出した。哲学的な会話と爽やかなフランスの夏、おしゃまな女の子。ひと夏の想い出という言葉がぴったりのキラキラした映画。
初ロメール。
1発でファンになってしまった。
終始会話劇。面白い。
こんなに退屈に感じないものか。

ほんで美しい。
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.8
« Qui trop parole, il se mesfait. »
「言葉多き者は災いの元」

クレチアン・ド・ドロワ
みら

みらの感想・評価

5.0
エロくてサイコーな一本
WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

3.8
初対面から自前の恋愛論かち合わせるとかフランス人すぎる。
ロメールってきっと夏が大好きなんだと思う。
彼が描く夏はとびきり眩しい。羽が生えたようにふわふわ・キラキラ・ウキウキしている。

15歳のポーリーヌが従姉妹のお姉さんと共にヴァカンスにやって来る。海辺で知り合ったボーイフレンドと過ごし、大人の世界を垣間見て、やがて夏休みは終わる。
それだけのお話なんだけどとにかく夏!ヴァカンス!何かが起こりそう!って感じで(たいして何も起こらないんだけど)、ロメールの世界に酔いしれてしまう(*´ω`*)
ぱさお

ぱさおの感想・評価

4.5
2017.10.7 VHSレンタル
女の子
そのまま
召し上がれ
清楚系エロ。蝿
>|