ピッツア橋本

ファンタスティック Mr.FOXのピッツア橋本のレビュー・感想・評価

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)
4.5
“ワイルドでサバイバル。ソニックにウォークするキツネたち”

今週末に
『犬ヶ島』観る前に2度目の鑑賞。
実在する絵本に基づいたストップモーションアニメ。

元トリ泥棒でいまは新聞記者のキツネのパパが自身の野生を捨て切れず、再び泥棒稼業を始め、キツネの家族というか地下アニマルたちが大パニックになるコメディ。

ウェスアンダーソン監督のユーモアギャグ満載で駆け抜けるように終わる87分間。

ストップモーションという手法がキツネたちの毛並みの立体感を際立たせていて、とても活き活きして見えたし、普段のウェスアンダーソンギャグのコミカルさがアニメ寄りに振り切れているのがしっくりくる。感電して骨透ける演出はストⅡのブランカ並にイケてる笑

でもシュールギャグの応酬だけじゃなくて、生きる欲望とか友情のあり方についてもハッとさせられるシーンが何度もあった。

目指し帽を被るキツネたちって反則的に可愛いよね。

彼らのプレイヤーがソニーのウォークマンじゃなくてwalk sonicってプリントされてる細かなこだわりやメッセージもまた最高だなって思う。