AI

クラッシュのAIのレビュー・感想・評価

クラッシュ(2004年製作の映画)
3.2
車のクラッシュから始まり、社会生活においてどうすることも出来ない気持ちや憤り、怒りがぶつかり合う作品。
特定の主人公を決めず数人のエピソードが同時に進行するグランドホテル形式で扱われているが、一つひとつの物語はしっかりと練られており、見応えがある。
本作はアメリカ社会で重大な問題である人種差別がテーマとなっており、日本人の私たちは疎いだけかもしれないが、そこまで押し付けがましくもなく、すっきりと受け止めることが出来る。
むしろ家庭や仕事の悩み、葛藤、不安などが繊細な演技で上手く表現されており、日々のやり場のない思いに共感出来る点がアカデミー作品賞を受賞している理由ではないだろうか。