PACO

容疑者Xの献身のPACOのレビュー・感想・評価

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)
4.1
惨殺事件が発生し、内海が捜査に乗り出す。その事件に、湯川は友人が関わっているのではないかと疑い始める。
トリックの難易度が本当にちょうどいい。湯川の台詞や目線、様々なものが事件の真相に繋がっていくのが実に素晴らしい。
そして、その犯人をどうしても憎めない。東野圭吾原作の映画の犯人はどうして犯行に及んだのかしっかりわかる。その理由がどこか共感してしまう。自分でもそうしたのではないか、と。
それと同時に周りの人間の心情もはっきりわかるから、登場人物を憎むことができない。なんなら、1番憎たらしいのは被害者だ。
今回は、湯川の友人が登場する。私的に湯川は想いを表に出さないイメージがあった。しかし、今回は隠しきれないうちに秘めた想いが滲み出ていた。
当然推理映画としても楽しめるが、人間ドラマとしても充分楽しめる。すごく好きな映画。
おそらくだが、なんとなく食わず嫌いの人もいると思う。ガリレオの映画盤でしょ、興味ないと。
騙されたと思って観てみて欲しい。