容疑者Xの献身のネタバレレビュー・内容・結末

容疑者Xの献身2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:128分

3.7

「容疑者Xの献身」に投稿されたネタバレ・内容・結末

「夢のような人だから
夢のように消えるのです」


この歌を最後に聴きたいがために作品を見たりすることがある。
この映画の為に書き下ろした福山雅治、それを歌う柴咲コウの「最愛」。
天才数学者、石神(堤真一)の気持ちを歌った切ない歌。
何度目の鑑賞だろう。
それくらい好き。


「陽だまりみたいなその笑顔
生きる道を照らしてくれました」


石神の論理的思考により張り巡らされた証拠やアリバイ、それを少しづつ紐解いていく湯川(福山雅治)。
警察に出頭し、愛する親子を守るためのシナリオは完璧だった。
はずだったのに。


「愛せなくていいから
ここから見守ってる」


本当は心から愛していた、だけど言えるはずもなかった。石神の慟哭が切なくて苦しくて泣けてくる。
そのだいぶ前から泣けるんですけどね。
ホームレスを殺したことには目をつぶって。
こちらも2度目。どういうトリックなのか覚えてなくて、最後までがっつり見ました。一人の女性と娘を守るために、人殺しをしてしまうのですね。堤真一の演技力に、はまりました。激しい、オチャメなのを全て隠し、目立たないひっそりとした人生を送ってる男性にしか見えなかった。
最後に無駄にしやがってと思ってしまった。
いつもラストの堤真一の慟哭で泣いてしまう。
堤さんが泣くところで涙でる。
堤真一が、天井に図形を描きながら色つけていくシーンが1番好き。数学って美しいって改めて思った。

数学の天才なのに、廃れた高校で全く数学に興味のない生徒達に数学の教師してるのがすごく辛かった。

とりあえず堤真一のファンになった!

松雪泰子は最高の日本美人!!
彼の誤算は自分など誰も気にかけない、好きにならないと感じていたことから生まれてしまう。
僕の人生は充実してる、この景色を見て美しいと感じることができる。大好きなセリフです。
福山雅治の演技がクサくてクサくて、、俳優としての彼は嫌いかもしれない

話も天才による勝負を見たかったのですが違ってました。ただ最後の事件説明シーンや堤真一の演技はなかなかGood。

なんかいきなり山登り始めたりするけど全く必要ないシーンだったし石神がここまで追い詰められてる意味もわからないしあと2つほど不満点があります。
堤真一のボソボソした学者?役がとても上手、、結構デキる男とかおもしろい役とかのほうが多いのに。
最後の最後のシーン泣けるでしかない、切ない、ただの隣人やったのに殺人犯して罪かぶるなんてどんだけ好きやったんや…
どぉしてえええええ
>|