容疑者Xの献身のネタバレレビュー・内容・結末

容疑者Xの献身2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:128分

3.7

「容疑者Xの献身」に投稿されたネタバレ・内容・結末

彼の誤算は自分など誰も気にかけない、好きにならないと感じていたことから生まれてしまう。
僕の人生は充実してる、この景色を見て美しいと感じることができる。大好きなセリフです。
福山雅治の演技がクサくてクサくて、、俳優としての彼は嫌いかもしれない

話も天才による勝負を見たかったのですが違ってました。ただ最後の事件説明シーンや堤真一の演技はなかなかGood。

なんかいきなり山登り始めたりするけど全く必要ないシーンだったし石神がここまで追い詰められてる意味もわからないしあと2つほど不満点があります。
堤真一のボソボソした学者?役がとても上手、、結構デキる男とかおもしろい役とかのほうが多いのに。
最後の最後のシーン泣けるでしかない、切ない、ただの隣人やったのに殺人犯して罪かぶるなんてどんだけ好きやったんや…
どぉしてえええええ
原作読んでから観賞。
やっぱ刑事役は吉高より柴崎コウでしょ!って思っちゃうね。
愛余って罪を被る堤真一と、庇ってもらったことを知らずに堤真一に怯える松雪泰子のすれ違いが切ない。
本当にただひたすらに献身的な愛の物語って感じです。
松雪泰子神すぎた美しかったです…。
短い時間の中で作品を再構成する以上どうしてもクオリティは落ちやすい。また、小説以上に多くの人に楽しんで貰える様、ストーリーも内容も分かりやすくする必要があることは理解できる。しかし、例えそうであっても最後のシーンはもう少し作り込むべきだったと思う。何故ならこの作品の肝は、何物にも代え難い愛なのだから。そしてその愛に触れたからこその最後の女性の行動なのに、ただ一緒に償いますというだけでは、女性がただ罪悪感に苛まれて謝っている様にしか見えない。だから、最後はもっと違う表現があったんじゃないかと私は思う。
過去にもロードショーか何かで鑑賞して衝撃を受けた覚えがある。結末は覚えてたけど騙される部分があって楽しめた。
自分が観たサスペンスものではトップクラスやと断言できる。事件の真相と解明までのプロセスが丁寧に書かれていてめちゃくちゃおもしろい。
犯行動機もあの人やからこそっていうのが納得できる。この映画で初めて堤真一さんを認識したけどほんまにすごい演技してはんねんなぁ。最後まで学者石神として観てた。
2人の天才、お互いを理解し合える唯一の友。かっこよすぎた。
松雪泰子と堤真一の演技が素晴らしい。朴訥とした冴えない数学者が見せる愛の形は狂気的であるが、その姿を攻められるものはいない。最後の嗚咽する姿は究極の自己犠牲。

隣同士は決して同じ色にならない。という四色問題が心を打つ作品。
石神の“どうして?”で涙腺崩壊
こんな切ない事件はない

堤真一さんの凄さを見た映画
最初の船の事件関係ないんかい。
ダイナミックなワクワクをかえせ!

でもほとんど面白かった。

しかし、なんの擁護のされようもない男が殺されてそこまで捜査するものかね。
あの女刑事がイキりやからか。

あと天才ならば正当防衛的な感じでなんとか普通に無実にする方向へもっていけないものなのかね。
>|