容疑者Xの献身のネタバレレビュー・内容・結末

容疑者Xの献身2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:128分

3.7

「容疑者Xの献身」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ラストシーンの演技に全てが詰まってる
ラストはほんと泣けます。あれだけの仕込みをして警察騙せてたのに、自白をされない限りは完全犯罪だったのに…と。でも自白してしまって誰も報われなかったけどいい終わり方
こんなに何十人もの人間を動員して幸せになろうとしていた人間が犯してしまった罪を立証することは大事なんだろうか
EDの歌詞がこの映画の結末をすごく肯定しているけれど。
死ぬまで不幸にされ続けているか罪を犯すかの2択しかなかった人間を、他人が罪として裁くのってどうなんそれ
人生ガチャじゃん
若いな福山雅治…!

ガリレオシリーズ映画ということ以上に、堤真一演じるある隣人の物語としてめちゃくちゃ好きな話。
主役は今回堤真一なんですよね。ガリレオはただ蚊帳の外から友人が狂ってしまったのを眺めている事しかできないというね…そこに推理や化かし合いはあるんだけど、全てがわかった後も天才湯川にも彼の気持ちだけは理解できない。そういう哀しみが本当に見事に表現されていて。

愛を知ってしまい不器用な生き方を選ぶ堤真一の哀しみと抑制のきいた演技がすごい。ラストの叫びはある洋画シリーズの慟哭と並んで僕の中ではベストスクリーム。どこでどうすればみんな幸せになれたんだ?と、悲しすぎてかなり号泣した。
石神が送る手紙の文章が二回でてきて、1回目は疑ってしまうけど二回目は理解出来て感動した、それが好き。
タイトルは語感が良くてすきだったが、そういうことかと腑に落ちて重みを増した。
名作。東野圭吾最高傑作の一つ。堤真一の演技も素晴らしい。愛する人を庇うために別の殺人をおこない自分はストーカーのフリ。ひたすら幸せを願って。ラスト石神の、どうして、、で号泣
前半で犯人やトリックの概要がわかった上で進んでいく切ないサスペンス。
鬱屈した人生に現れた薄幸の女神を不器用に健気に愛する石神は第三者から見ればもはや不気味なほどだが、徐々にその真っ直ぐさに打たれていく。
「神様はバリにいる」にて陽気で一本気な堤真一に笑わせられた直後に観たため、堤真一の演技の幅広さを感じた。
 元夫に付きまとわれ誤って殺害してしまった女と娘を庇う為、隣人の男が死体を遺棄し、アリバイ工作をし、すべてのシナリオを作りあげ、警察を撹乱するというお話。男がそこまで献身するのは、隣人に対する恋心故であった。
 ガリレオシリーズっていうんですかね、それの三作目だそうです。東野圭吾の原作既読で拝見しました。オチは同じだったのですが、物語の主軸や細かい手口が原作とは違い、またオリジナルストーリーも追加されていたかと思います。(原作をうろ覚えですが)
 非常に切ないです。無償の愛と言いますか、愛する人の為に平気で死体遺棄したり、新たな殺人を犯したり、そこまでできるものかと考えさせられます。そして最後にはそれが全て無駄になってしまうというのが心を抉られます。原作の最後は本当に病みました。確か原作は湯川学にはそこまで主軸がおかれていなかった気がしますが、福山雅治主演で大活躍でした。実に面白い。実にカッコイイです。それにしても東野圭吾さんは頭がいいですね、本当に。
ホームレスいなくなったなって思ったら
まさか殺されていたとは、、、

後半20分の伏線回収のすごさにゾッとした

堤真一の演技力がすさまじい
>|