容疑者Xの献身の作品情報・感想・評価

容疑者Xの献身2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:128分

3.7

「容疑者Xの献身」に投稿された感想・評価

Rylax

Rylaxの感想・評価

4.5
めちゃくちゃ有名ですが、初めての鑑賞でした。原作、ドラマは全く観ていないのですが、観ていなくても楽しめると聞いたのでいきなりの鑑賞でした。

感想
ハラハラあり、種明かしの爽快感あり、感動ありでとても楽しめました。
堤さんの演技が本当に素晴らしかったです。(原作で描かれる石神のキャラとは堤さんのかっこよすぎる容姿は映画とは違うらしいのですが、原作未読の自分としては違和感も無く、とてもよいキャラだと感じました。)
その堤さんの演技力もあってラストのシーンは思わず泣いてしまいました。これまでみた映画の中で一番泣いたかもしれません。


ガリレオシリーズという枷のために使わざるを得ないお馴染みのテーマ曲や軽い(ポップな)演出は今作にはなかなか合わないなぁと感じました。
その点、「ガリレオ」にあまり愛着のない自分としては、石神を主人公としてこの作品を捉えられたので、かえって原作やドラマを見ていた人よりも楽しめたのかなと思います。

鑑賞後、4色問題の意味を自分なりに考えてみたとき、石神に対する思いや、この作品に、強い思い入れが生まれました。
mizuki

mizukiの感想・評価

4.2
ガリレオはドラマのシーズン1だけ見てました。東野圭吾は何作かは読んでるんですがこれは読んでなかったです。比較的暗めなストーリーが多い印象があります。

今作も暗く切ないテイストの映画でした。しかし物理の天才ガリレオに数学の天才石神というライバルが現れるのがとてつもなくテンションが上がりました!

ガリレオシリーズといえば物理法則を駆使したトリックを見破るというユニークさが売りの物語ですが、今回は物理、数学に必要な論理的思考という少し抽象的な観点がテーマでした。その分ガリレオの色は薄れた気はしますがそれでも全然面白い濃い人間ドラマが描かれています!

いやもうなんといっても堤真一が素晴らしいです!この人は個人的に一番好きな日本人俳優です!この人出てると見たくなります!今作も堤真一がガリレオの相手役とのことで見るしかないと思い視聴しました笑

堤真一といえば三丁目の鈴木オートのような豪快でコミカルな役のイメージが強く、ドラマgood luckでの冷静で冷徹な役などもこなせてしまう超カメレオンですが今作もなかなか笑笑 猫背で声はかすれ目は半開きの疲れ切った中年という感じですが、外見だけでもかなり作り込んだなってくらいの役作りでしたが、そこに内面がところどころでにじみ出てくるのが圧巻でした!詳しくは書きませんが、笑いにもいくつものヴァリエーションをつけていましたし、悲しみの吐露は外見以上に痛々しい…すさまじいなと笑笑 哀れさを誘うキャラクターを見事に作り込んでいたなと。

福山さんと柴咲コウさんは2人ともお馴染みの役でカッコいいのとかわいいののコンビという典型的キャラを素直に演じていて、こちらが主体だとよほどユニークなトリックでないと飽きてしまいそうですが今作では堤真一扮する石神と対比的で良かったです!

トリックはガリレオ色が薄いとは言いましたが、かなり騙され、面白いサスペンスであることは間違いないです!笑

献身というワードはミスリードを誘う、意味の程度が計れない面白いチョイスです。東野圭吾の物語は面白いですねー笑笑

少しベタな展開はありますがおもしろかったです。
ゴ

ゴの感想・評価

4.5
人はちょっとした事で救われて、その人の為ならば何でも出来る。思い出すだけでも泣いてしまう。やだよ駄目だよ貴方はその人の為に幸せになってくれ。
AyakoDono

AyakoDonoの感想・評価

3.2
堤真一がよかった。
雅治全盛期
dandelion

dandelionの感想・評価

4.2
バカみたいに何度も見たタイミングよく
mai

maiの感想・評価

-
鑑賞記録
n

nの感想・評価

3.2
ドラマを全話見ていたため世界にすんなり入り込むことができた。
人は、ふとしたことに救われることもあれば、そのふとしたことのためになんだってできるのだと思う作品だった。
堤真一ってこんな身に詰まる演技するんだな、素晴らしかった。
>|