父親たちの星条旗の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

父親たちの星条旗2006年製作の映画)

Flags of Our Fathers

上映日:2006年10月28日

製作国:

上映時間:132分

「父親たちの星条旗」に投稿された感想・評価

ドラマチックなプロパガンダの下、その成否を分ける国力の差異が際立って思い知らされる。
中堂k

中堂kの感想・評価

3.6
権力って奴はかくも酷いのか❗️仲間を想う兵士をとことん利用し尽くす。
張りぼての丘にーーーー💢
戦場の一瞬の写真恐るべき影響力。それが全てーーーじゃないよな。
英雄など幻なのだ、繰り返すな、戦争はただ残酷なのだ。
Sankawa7

Sankawa7の感想・評価

3.9
WOWOWの特集にて録画視聴
クリント・イーストウッド監督による硫黄島プロジェクトの一作
アメリカ側の目線

太平洋戦争のアメリカの勝利の象徴とも言える硫黄島攻略戦、そして摺鉢山に旗を立てる6人の兵士の写真とそれをもとに作られたワシントンの巨大な彫像

この写真と像で英雄として称えられた6人をめぐる物語が時空を超えて交錯する

正直日本人としては複雑な気持ちだし、アメリカ側の英雄を手放しで賞賛して見れなかったため食わず嫌い感があったが見てよかった❗️

「硫黄島からの手紙」との二部作で日米の対比を明確化しているため、本作には日本人はほとんど登場しないが、なかなかあきらめない日本兵、実は旗を立てたあとも攻撃が続き、6名のうち生還したのが3名だったという事実は全く知らなかった

またアメリカも戦費で相当疲弊しており国債で調達しなければ戦争が続けられないほど財政が逼迫していたとの事実を初めて知った

そのためにも英雄に祭り上げられたとも言える6人の人生、その後日談も含めてしっかりとヒューマンドラマとして描かれていた
生還した3名のうち1名はアリゾナ居留区からのネイティブ・アメリカンだった。彼も英雄として称えられるも、その後の人生は悲惨なものだった

アメリカ賛美の戦争モノではなくしっかりと歴史を振り返るとても良い映画だった
人殺しを正当化してはならないね
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.2
まあまあ良かった
Yuna

Yunaの感想・評価

4.0
戦争のおそろしさとか残酷さよりも、登場人物一人一人の人生と心のなかを映した映画
酷い状況の戦場と、英雄として華やかに迎えられるシーンが交互にでてきて辛かった

理解したうえでもっかいみたい
硫黄島プロジェクトどっちも見て良かった〜
イーストウッドさんは英雄に祭り上げられた一般人を描くのほんと好きだな。

プライベーライアン的な戦闘シーンと交互してその後の人生を見せてく。ハリボテの山に旗立てされるのほんとひどい。
インディアンに酒を出さないあいつまじ憎たらしいけど結果として酒出さないのが正解だった。
saho

sahoの感想・評価

3.6
“本当の戦いを体験している人間は真実を語らない”

最近戦争映画を見直しており、久々の鑑賞。
硫黄島の激戦の中、たまたまある有名な写真に写ってしまったことで国債キャンペーンに利用され”英雄”にされてしまう兵士たちの苦悩。
硫黄島からの手紙よりか、伝えたいことがはっきりしている印象。

「自分達は恐怖に耐えながらも勇敢に戦う、それは国家への忠誠というよりも、同じ苦しみの中で戦っている仲間への忠誠だ」という言葉が忘れられない。
結局英雄とは人間が戦争を正当化しようとして作り出したもの。
戦地の過酷な描写と英雄として祭り上げられる華やかな舞台の対比がひたすらに虚しい。

157本目 / 2020
>|