アンブレイカブルの作品情報・感想・評価

アンブレイカブル2000年製作の映画)

UNBREAKABLE

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「アンブレイカブル」に投稿された感想・評価

ryac

ryacの感想・評価

4.6
評判の「ミスター・ガラス」を見るために鑑賞。シャマラン作品はシックスセンスしか知らないニワカですが、なんで今まで見てこなかったんだろうと思うくらいめちゃくちゃ刺さった!

シナリオそのものというより、それの見せ方がとても魅力的。左右対称の構図を使った画面や雑多な群衆の表現、デヴィッドの悪人を見つける能力の演出など、視覚的な面白さが常にビシバシで大満足。よく考えたらストーリー自体はめちゃくちゃ地味なのに。

完全に個人的な観点ですが、幼い頃祖母が自分の目の前ですっ転んで複雑骨折したのがささやかなトラウマで、そういう面でも非常にヒヤヒヤする映画でした。
よりにもよってミスターガラスが階段から落ちるシーンでは「あーーー!!」って声が無意識に出てしまった……平気そうでなにより。

ヒーロー映画という前情報のみがある状態で鑑賞したため、てっきり超能力バトル的展開があるんだと思ってた。はじめはあまりにシナリオが静的なものだから少し面食らったけれど、物語が進むにつれて確かにこれは「ヒーロー映画」なんだと理解し、胸が熱く。

ラストは評価別れてるらしいけど個人的には最高!最後の最後で手のひらを返してくるのってやっぱり好き。俄然新作が楽しみになりました。
次は「スプリット」!
カッコええわ
ま

まの感想・評価

4.0
記録用
kana

kanaの感想・評価

3.7
こ、これは…????
く、癖が強すぎる…。
でも嫌いじゃない。

見せ方が独特だけどシャマラン流のヒーロー映画なんだな。
MCUのヒーローものに熱狂してきたからある意味この作品は新鮮。
リアル路線のヒーロー&ヴィラン誕生物語。

自分の力を信じはじめたデヴィッドはどう変わっていくんだろう?
スプリット、ミスターガラスも見てみます!

それにしてもアンブレイカブルからミスターガラスまでどうしてこんなに空いたんだろう。
ジェイ

ジェイの感想・評価

3.6
絶対に怪我をしないけど水に弱い男vsめちゃくちゃ賢いけど、すぐに怪我をする男。
古い歴史のないアメリカにとって、アメコミというのは一種のバイブルとして国の芯となる存在へと化していった。しかし、このアメコミというのは正義を描くために、分かりやすい"悪役"というものを作り上げ、正義のヒーロー像を確立させることにした。
このアメコミの手法は、正義同士のぶつかり合うギリシャ悲劇や、なぜ主人公が悪になったのかを描くシェイクスピア(最近では「ジョーカー」がこれに近い形)のように複雑な側面があるのではなく、純粋な悪そのものとしてヴィランが描かれている。
そういったアメリカの現状に対して、一種の皮肉として受け取れる本作。ブルース・ウィリス×サミュエル・L・ジャクソンというキャスト陣のエンターテイメントとしても面白いが、アメコミとアメリカという視点で脚本分析をするとより面白いかと。
中だるみしなければ。
事件がな。
「ペンプレ160kgの最強ハゲパパ」

あんまり書くとネタバレになるのでハゲパパのハゲをさする程度のレビューで...

問答無用のハゲパパヒーロー映画だった。

ミスターガラスの噂はかねがね、とりあえずやっと重たい腰があがったので鑑賞。

やはりなんとも言えない魚が死んだような目の演技をさせたら右に出るものはいないであろうサミュエルと究極のハゲパパことブルースウィルスのコンビだけでもお腹いっぱいなのに兎に角脚本が素晴らしかった。

自分と葛藤しながら何が正しい行いなのかハゲた頭をかきむしり悩み悩み抜くハゲパパの心情が非常に上手く描かれていた。

同じ線の端と端とはまぁこれは素晴らしい言い回しだと思う。

しまいにはラストのオチまでしっかりしててこれはもう文句なしだよねって話。

次はマジキチキャラには定評のある大好物のマカヴォイくんがでるってんだからこりゃ楽しみだ。
鬼っち

鬼っちの感想・評価

3.5
静かな、そして地味なヒーローでも、俺はええと思う。クールやん?カッコいい。やっぱり俺の能力はホントだったよって新聞の記事越しで息子に伝えるシーンあそこなんか暫く離れなくて、特に意図はないんだけど良かった。

とりあえずミスターガラスめっちゃ気になるよね。スプリット見なきゃ〜〜
不滅の肉体でも老化には勝てないんですかね。頭。
カメラワーク好きです。
>|