ツォツィの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ツォツィ2005年製作の映画)

TSOTSI

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.5

「ツォツィ」に投稿された感想・評価

CHまち

CHまちの感想・評価

3.5
《作品概要》
南アフリカのスラム街に住むツォツィは仲間とつるんで悪行の限りをつくし、日々の生活を送っていた。

そんなある日、高級住宅で車に乗っていた女性を銃で撃ち車を奪って逃走。しかし、車の中には産まれて間もない赤ん坊が同乗しており、彼は赤ん坊をスラム街の自宅まで連れ帰ることになるのだが…。

《感想》
親の愛情を知らずに生きてきたツォツィ。そんな彼が赤ん坊と触れ合う中で人間としての何かを少しづつ取り戻していくという物語。

幼い頃すぐに親元を離れ、スラム街に住むようになったので彼は教育というものも受けて来なかった。そんな彼は窃盗などをするのもまるで悪気が無いかのように淡々とこなす日々。

しかし、赤ん坊を育てる内に彼は変わっていきます。幼い頃に母親から与えられた愛情を少しづつ思い出していき、最終的には自分のしてきたことを改めていくようになる。

彼は犯罪者、その事実は変わらない。しかし彼の心は赤ん坊の出会いによって明らかに変化していった。その変化を上手く表現できていた映画だったと私は思いました。

※ちなみにDVDに幻のエンディングが収録されています。(解説もあります)こちらも興味があれば観てみるのも良いかと思います(^^)
コピー文そのまま南アフリカスラムのDQN少年が人間性を得ていくまで。ミルク代すらも強盗で稼ごうとするので観てる間ずっとバッドエンドしか想像できなくて辛かった…お話の流れや撮し方はオーソドックスですが、なかなか見分けのつかない人物や景色、挿入歌のHIPHOP等とことん馴染みがなく心ざわざわ

ものの頼み方を知らないから銃で脅すしか無い。他人の痛みが分からず簡単に人も殺しちゃう。このテの阿保ガキがどんなルートで形成されるかを無意識に探ってしまう作りになっており、いきつくのは格差だったり教育だったりなメッセージ性が分かりやすい

高級住宅街を見せたかと思えば、積み上げられた土管が「家」だという子供たちがすぐ地続きに居る事も映す…これは現実か!?お隣さんとの落差がこんだけ激しければ犯罪も増えるっしょとばかりに突きつけられるんですが、主軸は物語の方であり押し付けがましくはない。でも私にアパルトヘイトについて調べ直させるぐらいの破壊力はありました📝

未成年の犯罪を描いてるのでどの国でも年齢制限キビしめなんだそうな。基準を設定する方も大変だわね

「他人には酷いことが出来ても赤ん坊には出来ない。なぜなら誰しも乳児だった事があるからだ」って何かで読んだのを思い出した
Ryo

Ryoの感想・評価

4.1
ツォツィは不良って意味らしい。

南アフリカのスラムの現実ってこんな感じなのかな。都市はかなり発展しているみたいやけど。

孤児が赤ちゃんを誘拐して、人の温かさを知る。昔負った心の傷を癒してくれた。
金を稼ぐ手段としての、強盗や殺人が日常的なことだとしたら僕は日本に生まれて幸せなのかもしれないなあ。

スラムに生まれた彼らの現実を伝えようとする様々なツールが発達してきた今、それを見た人どう考えるのやろう?

建前上は可哀想、助け合おう、手を取り合おうなんて言うかもしれない。
けど、きっと本音は僕が彼らじゃなくてよかった。なのかもしれないな。
nova

novaの感想・評価

2.0
思ったほど盛り上がらずにいつの間にか終わってしまった。人間が成長するきっかけなんて、いつどこで訪れるかわからない。はたしてあの経験が主人公を変えることはできたのか?一筋の光になればいい。
たんの

たんのの感想・評価

4.5
赤ちゃん超かわいいし、戸惑いながらも心通わせていく様が丁寧に描かれてて、ほんと泣ける。

このレビューはネタバレを含みます

アフリカのスラム街に生きる、家族の愛に恵まれなかった、人を傷つけ、ときに殺すことさえ辞さない青年の物語。
盗んだ車に乗っていた赤ん坊を世話することで、眠っていた良心と愛情を少しずつ取り戻していくツォツィ(デビッド)の姿は愛しいくらいだった。
数日間だけで芽生えた父性により別れを惜しむ最後の場面では、彼が重罪者で、そうすることが当然であるにも関わらず、不覚にも私まで号泣してしまった。
その後、乳母となってくれたミリアムのところには戻ったのだろうか。
全体の音楽がまた良い◎

2011.11.20鑑賞
幼少期に愛を与えられず、不良になった少年が赤ん坊と接することで、愛とは何かを知る物語。

アカデミーをとっているだけのことはあり、悪くはない。

しかし、面白いとは思えなかった…

作品の系統的には、レオンと似ているのだが…子供改心系?

やはり、本作は、契機となる子供がまだ口もきけない赤ちゃんと言うことが正直損。

小さい子供の設定なら、まだ、コメディ的なエピソードを入れることができたが

赤ちゃんとなると…何もしない、泣くだけ

本作では、ミルクを飲ませる為奮闘するシーンは有ったが…あまり、エピソード的に面白いものでも無いし…

と言うか、赤ちゃんもっと泣かないかなぁ〜

友達に隠してる時に泣かない、後ろから人をつけている時にも泣かない

なんて聞き分けのいい赤ちゃんなんだ!

三歳児の方がもっと手がかかる…

と言うのはいいが…赤ちゃんという小物の使い方がイマイチ

上記した感じで、赤ちゃんは本作では、主人公が改心する為の道具に過ぎず、物語的な重要性が欠いていた。

もう少し効果的な使い方があるのでは?

最近見たものでは「さよ朝」があったが、あちらの方が赤ちゃんを上手く使っていたし、成長し心情の変化まで上手く使っていた。

そういう意味ではダーマリの方が脚本的にうまい…

また、お乳をあげてたお母さんに「もう一度会ってくれるか」的な事を主人公が言っていたが

どういう神経してるんだ!コイツは!

銃で脅されてお乳知らない子にあげ、脅迫してきた男が実は誘拐犯で、女に銃発砲して下半身不随にしてるのに、

もう一度会ってくれるか?

は?

また、赤ちゃんを返すシーンのお母さん気強過ぎません?

韓国映画より、強かった…

コレは南アフリカの国民性なんだろうか?

日本人の僕には分かりませんでした。
shin

shinの感想・評価

4.7
とても良かった。
どうしようもない主人公だけど、どうしようもないなりに光の方へ進もうとする姿勢。
それはあの車椅子のホームレスの男性の言葉にも通ずるもの。あの言葉はグッときた。どんな状況でも頑張ろうと思える。
色々と衝撃的な映画だった。

こどもがこどもを育てようとする事によって、こどもと親とは何かを振り返るシーン。

母性、母の強さと優しさ。
なぜ生きるのか。
スラムと富裕層が共存するという事の危うさ。

音楽も良かった!
一生懸命生きなければと思った。
そんな映画。
無

無の感想・評価

2.0
主人公が問答無用の凶悪犯すぎて感情移入できない。
パーフェクト・ワールドとは比べ物にならず。