フッカー

007/ドクター・ノオのフッカーのレビュー・感想・評価

007/ドクター・ノオ(1962年製作の映画)
3.2
うーー、最近悔しい。
何が悔しいかって?忙しくて映画が見れないことだ。
いやいや時間なんて作り出すもの...うんどうにかなるはず。かといってまとまった時間がとれない(´・ω・`)

よし!夜中見て何とか頑張って朝も早起きするという力技を実行!


さぁいくぞ、007シリーズ(*´ω`*)
フォロワーさんのレビューで見る気に♪
いやぁこの曲懐かしいなぁ、64のゲームソフト友達とかなりやって楽しかったなあ♪

テレッテレ~テレレ~ってBGMしょっちゅう流れるのね笑
そして謎のOP映像笑

60年代の映画なのにBlu-rayだと、かなり綺麗ですね。ただ映像的な迫力というアクションやストーリー展開は正直退屈さを感じたかな。
当時のアクション、当時のスパイ映画だよってことを念頭には入れてるがどうしても緊張感にかけちゃって.....でもそれが逆に笑いを引き起こしてくれることも♪

カメラフラッシュありバシャバシャ!!!(隠し撮りって一体..)
とスリッパで毒蜘蛛退治‼ペシッペシッ‼
はかなりウケた笑
あと「ジェームズ・ボンドだが」って自ら名乗っちゃうのもじわじわくる笑


初代ボンドは若きショーン・コネリー。彼って若いとき見た目微妙、というかおじいちゃんになってからのコネリーがカッコよすぎ!!(*^^*)
というのが個人的な感想


そして今作で一番楽しめたのは何ですか?と聞かれれば、こう即答する。
ボンドガールだよ!!
凄い美人( ´∀`)
もう「信用して。妙な下心はないから。」とか言ってたけど、下心しかありません(//∇//)
おぉハニーというお名前もまた(*´ω`*)

まあ中々退屈してしまったというのが正直なところ。
これからもっと楽しみたいなぁ、007シリーズ。

あ、そうそう。
昔のアクション映画(スパイ映画とくくった方がいいのかな)って吹き替えでのやり取りが面白くて楽しいなぁと感じるのは自分だけでしょうか?
流石余裕綽々のボンドさんだぜ!と思ってたらコーヒー笑