ミスティック・リバーの作品情報・感想・評価

ミスティック・リバー2003年製作の映画)

MYSTIC RIVER

製作国:

上映時間:138分

3.7

「ミスティック・リバー」に投稿された感想・評価

4

4の感想・評価

-
愛と憎しみで溢れている映画だった。
運命としか言いようのないものに翻弄され、それぞれの過去が交錯していく。
過去に罪を犯した人は赦されないのだろうか。みんな過去を背負って生きていかなければならないし、過去の積み重ねで人生はできていくのだけれど、その積み重ねの中に間違いがあったらどうすればいいのだろうか。
愛と憎しみは表裏一体のものなのかもしれない。大きすぎる愛が憎しみに変わった時、それは誰にも止めることができない。赦すことが必要な時もあるのかもしれない。
悲惨な最後が訪れてしまうが、それも運命としか考えられない。
ショーン・ペンの演技が素晴らしいし怖い。
デイブの妻が息子を呼ぶ姿が悲しい。
浮浪者

浮浪者の感想・評価

3.5
堕天使ジミー・マーカムに「この町の王」なる族長意識を植え付けるアナベス・マーカムこそ、法治国家が未完成であり続ける障害であり、希望。

このレビューはネタバレを含みます

ザ・クリントイーストウッド監督映画。

昔の事件の恐怖に怯えながら生き続ける、旧友に実の娘を殺されたと勘違いする映画。煮え切らない。理不尽。
色んな感情が込み上げくる映画。

最後はケロっとしてる男に対して、
不信感しかない。
そして、何となく感じるのは本当の黒幕は、ローラ・リニーのような気がする。
絶対にデイブと同じ星に生まれたくない
nobuki2298

nobuki2298の感想・評価

3.2
サスペンスとは呼び難い作品。
ヒューマンドラマの心に響く作品。
子どもころ仲良かったけど、今疎遠になってる地元の友達がいれば是非。
スタンドバイミーとは違います。
mk

mkの感想・評価

4.2
重い……

子供の頃にされた酷い事って大人になってもずっとトラウマだし人生を変えてしまうんだな。
柚子

柚子の感想・評価

3.8
幼い頃、ある日の出来事を境に疎遠になってしまった少年3人。
それから歳月が流れ、一人の少女の殺人事件をきっかけに3人は再会する。
一人は被害者の父親として。
また一人は捜査官として。
そしてかつての唯一の被害者であった一人は容疑者として。

あの時、あの事件がもっと違う形だったら、被害者が違う誰かだったら?
三者三様あの日から十字架を背負って生きており、全員あの日に取り残されたままだった。
ラストは遣る瀬無い展開でどっしりと重く陰鬱な気分になる映画。

少年時代の子役がそっくりで皆適役。
eji

ejiの感想・評価

3.5
どうしてこうなる?
>|