ミスティック・リバーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ミスティック・リバー2003年製作の映画)

MYSTIC RIVER

製作国:

上映時間:138分

3.7

あらすじ

「ミスティック・リバー」に投稿された感想・評価

綿

綿の感想・評価

3.6
小さい頃仲の良かった友達、その街に住み続ける人とそうじゃない人、お互いが分断されてしまった感覚、ショーン・ペンの役もあー分かる分かる、こういう悪いオヤジ、居るのが分かり過ぎて笑い出しそうになった。こういう設定が本物なんじゃないかというくらいリアルで刺さる。
しかし同時に都市に行った人、街の有力者、車に乗った人乗らなかった人、みたいなヒエラルキーが薄っすら感じられてむず痒かった。
最後の最後でフワーっと嘘を持ち続けて生きていく闇の感じが漂ってきて話が終わる。運?たまたまって不条理だね。
最後の最後が不条理過ぎる。
phoenix

phoenixの感想・評価

4.0
要約できない作品。そこが魅力。
誤解、勘違いが招く悲劇。

それは今も残る過去の傷跡から。
たぐは

たぐはの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

やるせないな。。。デイヴ辛かったね。。みんな悲しいんだけどね。。3人の行動それぞれに共感はできるし。。
ただ、とりあえずこの3家族の子どもたちが一番心配。あんまフォーカスされてないけど、彼らが大人たちから搾取されたり守られなかったりしたように、彼らの子どもたちもきっと大人の事情や欲望で都合良く育てられてしまいそう。パレードのシーンが特にカオス。。今後どうなるんだよ。。

てかジミーの嫁が最後急に狂気すぎるだろ。でもこのぐらい強くないと家族を守ることはできないのかなあ。セレステは。。あんた何も悪くないよ。。悔しいよね。。でもこれからは子どもにしがみついて生きていってしまいそうで怖い。パレードでの息子の表情がつらい。子育てむず。

ショーンペンしっぶかったな
ササミ

ササミの感想・評価

3.5
少し長いと感じたけれど、観終わったあともう一度見返したくなる映画
幼い頃の事件は永遠にまとわりつき、当人だけでなく、周囲まで影響し続ける
すれ違いや思い込みで人の運命を大きく変えてしまう恐ろしさもよく描かれていた
おはつ

おはつの感想・評価

3.5
娘の死体(であろうもの)に駆け寄ろうとするジミーの必死さで心が揺れる。娘を愛していたというエピソードが特段あるわけではないのに、異常に感情移入してしまう。最後のパレードに3つの家族が全く異なる感情で立ち合っているのが物悲しい。
きろく

クリント イーストウッド作品の終盤にかけてのThe 映画 的な流れ苦手かも。
どこか観たことあるような定番な展開というか… 予想できる展開というか…

まぁ それが映画なんですけどね。