東京タワーの作品情報・感想・評価

「東京タワー」に投稿された感想・評価

30代前半独身の時に観て、その頃に年下の彼氏が居たからか、当時すごく胸がギュっとなる大好きな映画だった。そして40代後半既婚者となり、急に観たくなって鑑賞。でもあの頃とは違い、透の言う言葉がものすごく子供に聞こえ、自分も歳をとったなと実感。今は主婦の喜美子の気持ちがすごくわかるようになり、喜美子のラストシーンは号泣しました。
bbsn

bbsnの感想・評価

3.4
久しぶりに見た。
数年前に初めて見た時、
美しさ、儚さ、切なさから大号泣してた。
DVDを衝動買いしたくらい。

今見ると、どうも理解できない部分があって、
側からは理解できない事こそが2人の恋愛のロマンで、この映画の醍醐味なんだけれど、
どうも透くんが子どもで、詩史さんが勝手なことが気になってしまって、
今はもう集中して見れなくなってしまった。
初めて見た時の感動はもう味わえないのかと思うと寂しい。
数年後には、さらに一周回って、また大号泣してる未来を望みます。

だけど何年経っても、東京タワーはなんて美しいんだろうって思わされるのは変わらない。
あの綺麗さと儚さと温もりと冷たさは唯一無二。
心が揺れる。

オープニングとエンディングが最高です。

そしてなにより綺麗な岡田くんを味わえて幸せです。


東京の夜景も、歳の差の恋愛の在り方も、時代とともに変わってきてるはず。
是非改めて現代で撮り直して欲しい作品。
choco

chocoの感想・評価

3.0
記録用
原作とは別物。

江國香織原作がものすごく好きで映画もみてみた。
映画の透と詩史の恋は描きすぎていると思った。原作の浅野と透との距離感や二人の恋のなんともいえない結末が好きだった。

しかし、源さんも江國さんもいっているようにこれは原作とは別物なので比べるのは違うと感じた。

透は原作のイメージより少し情緒的だったが、詩史はさらに情緒的というか、透にぞっこんという感じだった。
原作の詩史さんの方が浅野への配慮も感じられた気がした。

岡田くんは美しい。でもこんな落ち着いた大学生はいない気がする。実際、演じている岡田くんも24とからしいので、そこは感じた。透と耕二の違うタイプなのにうまがあう感じも原作はよく出ていたが、映画はあまり伝わらなかった。
松潤、最後の貴三子さんとの車のシーン、もろ道明寺で少し笑ってしまった。
耕二は原作よりチャラく描きすぎでは?と思った。就活生には一切みえない。笑
inh

inhの感想・評価

2.8
壊れたおもちゃに興味はないの

が素晴らしい映画
may

mayの感想・評価

3.3
ストーリーよりこの2000年代の感じがたまらない。
今は見れないけど昔のドラマとか映画にはよく出てきた東京タワーが消灯する瞬間が好き
しじみ

しじみの感想・評価

5.0
ピアノの繊細な音が好き。
不倫物は好きではないけれど。
これは何度も見たくなる。
>|