ぼくの伯父さんの休暇の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ぼくの伯父さんの休暇1952年製作の映画)

LES VACANCES DE MONSIEUR HULOT

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

「ぼくの伯父さんの休暇」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

4.2
音楽が効きまくりで最高、、
もちろんすごくおもしろかったけど、数年前、先にぼくの伯父さんの方をみてしまっていたから、物足りなさを感じたような
こっちの方が、よりバカっぽい
でも紳士的でカッコいいユロおじさん
al

alの感想・評価

4.1
コメディっていうか全部コントみたい。
ユロ氏がリゾートホテルのドア開けるところが気に入った。海風で紳士のちょび髭は引っ張られるし店員さんは髪の毛が海原はるか状態に…この場面だけでもすごい面白い。ユロ氏の直角すぎる動きもツボ。効果音もオモシロイ。
夏、開襟シャツ、リゾート地、ポンコツ車、最高ですね。
「僕の叔父さん」より個人的にギャグが不発だった。乗馬してる女の子の太ももに宇宙を感じた。
じょう

じょうの感想・評価

4.0
アイスクリーム両手持ちの男の子
引きずられぎみのイッヌ
かわいい
こじ

こじの感想・評価

4.9
絶対面白いオチが来るのがすごい!

Mr.ビーンっぽい。
もこ

もこの感想・評価

3.7
今にも爆発しそうなオンボロ車を颯爽と乗りこなし、避暑地にきた変な男・ユロ氏を、タチがユーモラスに演じる。モノクロでもわかるくらい美しい金髪を持つ美女となんやかんやあったりなかり、ホテルの従業員や避暑客たちとトラブル?を巻き起こしたり、爆笑はないけどクスッと笑えるとぼけた演技や、絶妙な間、びみょ〜なゆるさと毒っ気がクセになる。海辺だから男も女もみんなショートパンツな水着で可愛かったなぁ。可愛くておしゃれでユーモラスな作品だけど、その中でもアイスを買いに来る坊やがすっごい可愛くてツボ。

ラジオ放送の小難しい首相の演説をBGMに、お嬢さんとダンスを踊るシーンはロマンチックで素敵だった。素敵すぎて老人が足を止め、窓から二度見してうっとりするほど。政治は混乱し、首相が必死に国民に訴えかけているけど、そんなものは舞踏会には無粋と言わんばかりに休暇を楽しむ人びとの姿は憧れる。
ラストの、花火のせいで大騒ぎになってホテルの
客たちが集まって大騒動になっているシーンに合わせて音楽をつけ、まるで踊っているかのようにしているシーンも良かった。ちょっとしたシーンでもハッとするほどオシャレだったりクスッと笑えたり、気の入ってないのに隙のないユーモアを感じさせられた。

なんの事件もロマンスも起きない、ある風変わりな中年の夏のバカンスを描いただけなんだけど、今作は監督のこだわりがぎゅっと詰まっていて、ゆるく見えるけど実は相当に練られた作品なのだろう。大人の遊び心というか、余裕を感じられる作品だった。
Ichiro

Ichiroの感想・評価

3.8
モノクロだというのになんと映像のカラフルなことか。鮮やかな色彩が目に浮かぶようだった。
貧乏旅行でコートダジュールに立ち寄ったことがあったが、こんなに余裕を持って満喫できなかった。次はこんなバカンスを過ごしたいと思った。
いい雰囲気
“大人もずっと夏休み”

50年代に上映後も監督ジャックタチが事あるごとに、長年の時をかけて再編集、デジタルリマスタリングされた本作。

フランスのどこかの海辺で、バカンスする人、住む人、働く人々の日常を描いたドラマ作品。
のはずなんだけど、全然ストーリーが頭に入ってこない。
あるのは夏を感じさせる良質なBGMと日常系コントのような愛くるしい仕草をする群衆の姿のみ。

セリフや場面に深い意味とか中身とか関係ない。絶対無いに決まってる笑

愛憎も葛藤も無く、
ただ朗らかな人々の動きと海辺の町々が映されるだけ。

こういう感覚を真の楽園というのかもしれない。

ボーッと夏に流しておくには最適のフィルムです。
>|