8さん

スリーピー・ホロウの8さんのレビュー・感想・評価

スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)
3.8
18世紀末ニューヨーク郊外の村で起きた首切り連続殺人事件の謎を描いたゴシックホラー作品。

19世紀を間近に控えた1799年、まだ幽霊や亡霊が人々に身近だった時代。
ニューヨーク市警の捜査官で旧来からの拷問を多用した裁判を批判し、科学捜査の必要性を説いていたイカボット・クレーンはスリーピー・ホロウの村で起きた連続首切り殺人事件の捜査に派遣される。

その村では、伝説に纏わる首なし騎士の亡霊により既に4人の村人が犠牲になっているというのだ。イカボットの到着後も首を切断される事件が続々と起こってしまう。

犯人は本当に亡霊なのか?

そして真相は…


ティム・バートンのダークイメージな美術や寒々しい村の表現が独特の雰囲気を漂わせており、観ているこっちまで1枚羽織りたくなる(観賞時寒波きてました)。夢の様に美しい回想映像とのコントラストには圧倒され、ミステリアスなファンタジーなので次の展開をあえて読まずに楽しめましたね。

ニューヨーク市警の捜査官といえどちょっぴり頼りないイカボットが、たまに見せる洒落たキャラの特性やユーモアのある演技に時に笑ってしまいます。

首切りシーンの総数はいったい何回だったのだろう?w

ドラマ版のシーズン3も早く観なければ!