チョコレート・ファイターの作品情報・感想・評価

「チョコレート・ファイター」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

3.8
主演のジージャーのキレッキレの蹴り技アクションが延々とつづく。しかも、彼女の蹴り技がバラエティに富んでいて全く飽きない。飛び蹴り、回し蹴り、膝蹴り、でんぐり返し蹴り、ドロップキック、スライディング蹴り、側転蹴り、、あらゆる蹴りの切れ味が小気味よく美しい。高さ50センチくらいのガラステーブルを身体を背後に倒して、膝で滑って潜り抜け、その後キックするシーン、痺れる、、舞台もビルの窓外、冷凍肉倉庫、障子に囲まれた和室、と彼女のアクションの為に全て展開が用意されている 笑 

父親役の日本のヤクザの阿部寛はご愛敬。
幼馴染のムン役の太っちょ君も素晴らしい。

でもやっぱり彼女に魅せられる映画。ジージャーは井上真央をシャープにした感じでキュート。ほっそい身体でブルースリーになり切ってのアクションも怪鳥音で叫び、鼻をこすり、キレキレでかっこいい!彼女のアクションを観たことない方は是非。か弱さから繰り出される傷だらけ生身のアクションの連続に驚くことでしょう。クライマックスなんてどこまで続くの!圧巻。彼女のあまりの頑張りと凄さに、泣けてくるレベル。エンディングクレジットでは彼女の目に蹴りが入り、手にガラスが刺さり、相手役が屋根から落ち、立ち上がれず、壮絶な撮影現場が映し出される。
 
公開当時、度肝を抜かれて9年、再見したらまた驚いて、見入ってしまった。彼女が7年後、トニー・ジャーと共演した「マッハ無限大」も観てみよう。

このレビューはネタバレを含みます

これまで観たタイ映画の中で最高。まあ、これ一本しか観たことないんだけど。

格闘ゲームみたいに、色んなステージ・色んなシチュエーションで戦うのが最高。
肉屋のシーンは面白くも結構グロいんだけど、中毒性があってまた観たくなる。
ryac

ryacの感想・評価

4.5
とにかく楽しい!このめちゃくちゃ激しいアクションをスタントやCGなしで撮るって凄まじすぎる……(エンドロールで流れるNGシーン集、ガチで死にかけてるよね?)

知的障害のハンディキャップを抱えつつも卓越した身体能力を持つ主人公ゼンを筆頭に、登場人物が皆個性的。特に敵キャラのアクの強いヴィジュアルが最高だった。

足技を主体としたムエタイアクションが死ぬほどカッコよくて、製氷所、屋台、路地裏など、バトルフィールドの特性やその場にある物を活かした戦闘シーンは迫力もスピード感も半端なくて、ずっと見てたいくらい癖になる。
katsumi

katsumiの感想・評価

3.7
鑑賞記録
rio

rioの感想・評価

-
ジージャー可愛いし強くて最高!

スタントなしっていうのがまた凄い。
むしろスタントないのかよ!?って若干引いた。でもどのアクションシーンも目が離せなかった。ジージャーのアクションは綺麗だし、技がきまるとスカッとする!
sei

seiの感想・評価

3.8
女の子が主演ということで、やられる場合痛々しすぎて見ていられなくなるんじゃないかと危惧していたんだけれど、あんまりそういうシーンがなくて一安心。一方的すぎるかもしれないけれど、私はこのほうがイイ。ただ、あってないようなものとはいえそこまでしなくても的にストーリーが暗いし(これは多分タイ映画はそうなんだろうなと今はなんとなく分かる)、全体的に雰囲気が重いのはアクションが軽快で楽しいだけにやっぱり残念
主役の"ジージャー"が、ムエタイやカンフーを組み合わせた技で、敵を倒していく気持ち良さといったらない。

しかも、やっつける相手は、わかりやすい悪人たちで、映画ならではの爽快感に満ちている。更に"ジージャー"の身体能力に甘えることなく、アクション場面には工夫をが凝らされ、氷が使われたり、配管が邪魔で体を起こせなかったり、外の壁や看板を使ったりと、さまざまなシチュエーションと格闘方法が考えられている。悪人役のやられっぷりも良い。
シンプルながらも贅沢なアクション映画。大好き!
>|