モンスター上司の作品情報・感想・評価

モンスター上司2011年製作の映画)

HORRIBLE BOSSES

製作国:

上映時間:98分

3.4

「モンスター上司」に投稿された感想・評価

ミラ

ミラの感想・評価

3.2
暇つぶし
まりこ

まりこの感想・評価

3.0
抱腹絶倒!って感じでもないけど、深夜に寝落ち前の一本にはちょうど良い感じ。
ジェニファーアニストン演じる女上司が狂った痴女年増でなんか観てて辛かった


2019-47
こく

こくの感想・評価

1.5
上司殺しの計画、主人公たち3人の掛け合い。全編を支配する俺たちって常にギャグ満載で最高でしょ感がきつかった。

仕事選ばないコリン・ファレルとジェイミー・フォックスは偉い。
Yusuke

Yusukeの感想・評価

3.3
ウザったらしいモンスターな上司に一泡吹かせようと3人の冴えない男たちがいろいろやっちゃう映画。

ゆるい感じがなんともいいですね。こういう映画は嫌いではないです。ストーリーもゆるいですが、そこがまたおもしろいです!

個人的に好きだったのはちゃっかり出てきたジェイミー・フォックスです笑 名前がツボでした笑 

深夜の一本にどうぞ。。。
ジェニファーアニストンのセクハラなら羨ましいと思う男の性
みりお

みりおの感想・評価

3.1
この三連休ね、映画祭してたんです。
家で観るわ、映画館で連日ハシゴするわ…
死ぬほど幸せだったんだけど、レビュー後回しにしてたら溜まりすぎて、溜めた量見て、一瞬Filmarksやめようかと思ったくらい😂💦
うわーーん、とりあえず消化に走るっ‼️
新しい映画はしばらく観ないぞっ‼️

そして本題…もう、なにこれ🤣👍さいこうっ✨✨
パワハラ・セクハラ・モラハラ上司に復讐しようとして珍道中を引き起こすお話ですが、ひたすら下ネタ尽くし🌀
それぞれ問題のある上司に悩む3人は、長年の友人なのかな?
仕事してるときちんと見えるのに、3人で集まって騒いでると少年にしか見えなくて、会社ではキリッとしてる人も友達と会うとこんな風になるのかなぁ〜って、ちょっとほっこり☺️🍀

そしてお話はぶっ飛んでるのですが、しっかり楽しめた😆💓
かなり声に出して笑えるシーンがあって、休日の夜観るにはぴったりだった(๑˃̵ᴗ˂̵)👍

そしてそして!サブキャラのキャスト陣が豪華すぎ👀✨
とりあえずモラハラ上司役のコリン・ファレルに衝撃‼️
もうかなりカッコよくなくなった後のコリンとはいえ、禿げ上がった額にバーコード頭、そして観る人をとことん不快にさせる言動は、さすが役者さん!ってほめたくなるくらい✨笑

あとは、Mr.ファンタスティックこと、ヨアン・グリフィズのチョイ役っぷりと、見た目とのギャップありすぎのお仕事に爆笑🤣👏
相変わらず黙ってればカッコいいのに…って役が多いですね〜♡

その後のマザーファッカー・ジョーンズさんは、まさかのジェイミー・フォックス😆‼️
アカデミー賞俳優にこんなことやらせていいのかね😂⁉️

サブキャラがここまで豪華すぎるので、ハラスメント上司らはさらに豪華✨
ジェニファー・アニストンに、ケヴィン・スペイシーなんて、すごい面々👀✨
ここまでのキャストを集め、そしてとことんおバカなことをさせきった製作陣にともかく拍手を送りたい作品でした👏🎉
続編も観てみよーっと🎶


【ストーリー】

毎日ウンザリする上司の下で仕事をしているニック(ジェイソン・ベイトマン)、カート(ジェイソン・サダイキス)、デイル(チャーリー・デイ)の3人は、それぞれの上司を葬り去れば、少しはマシになると考えるようになる。
彼らは絶対に成功する“上司排除計画”を遂行するが、最高の計画だったはずなのに穴だらけで……。


【キャスト・スタッフ】

*監督:セス・ゴードン

米・イリノイ州出身🇺🇸
イェール大で建築学を学んだ後、高校で教師としてしばらく勤務🍀
しかし徐々に映像の仕事に携わるようになり、2005年に『New York Doll』にプロデューサーとして関わりデビュー✨
初監督作は『Cry Wolf』ですが、日本語版はなさそうかな💦
2009年からTVドラマの監督もしつつ、映画監督としても『フォー・クリスマス』や、ロック様主演の『ベイウォッチ 』などの作品を手がけています✨
あとは『ピクセル』にも製作総指揮として関わっていました♫


*ニック:ジェイソン・ベイトマン

ケヴィン・スペイシー演じる上司からのパワハラに悩む役でした!
米・ニューヨーク州出身🇺🇸
父は映画やTVドラマの演出家として有名なようで、自身も13歳くらいから子役としてTVで活躍しています✨
映画デビューは1987年ですが、作品数が増えたのは2000年代に入ってから!
主な出演作は『クリスティーナの好きなコト』『JUNO/ジュノ』『ハンコック』『宇宙人ポール』など。
あとなんと『ズートピア』のヒーロー役、キツネのニックの声はジェイソンが演じていました😳‼️
2枚目役もできるんじゃないかっ!笑


*カート:ジェイソン・サダイキス

コリン演じる上司からのモラハラに悩む役所💦
真面目なフリして一番ぶっ飛んでて、大事なとこで女性にフラフラ付いてっちゃう困り者😂
ジェイソンは米・バージニア州出身🇺🇸
コメディアンとして有名で、映画デビューは2007年の『幸せになるための10のバイブル』🌟
その他の出演作は『アングリーバード』や『マザーズ・デイ』など。


*デイル:チャーリー・デイ

セクシーな歯科医からのセクハラに悩む役所。
おバカで抜けてて、それでも憎めなかった😂
チャーリーは米・ニューヨーク州出身🇺🇸
コメディアンとして有名で、映画デビューは2002年の『9デイズ』🌟
その他の出演作は『パシフィック・リム』シリーズや『LEGO ムービー』『最高の家族の見つけかた』など。


*Dr.ジュリア:ジェニファー・アニストン

米・カリフォルニア州出身🇺🇸
高校在学中より演技を始め、卒業後に何本かの舞台に立ち、1990年にテレビ番組『Molly』でデビュー🌟
1992年には『レプリコーン』で映画デビューしましたが、その後は役柄などに恵まれませんでした💦
しかし1994年のTVドラマ『フレンズ』のレイチェル役でブレイクし、その後は数多くの映画やドラマに出演しています✨
なんとブラピと結婚していたことがあり、2000年から5年間の結婚生活を送っていたようです😳🌀
主な出演作は『グッド・ガール』『ブルース・オールマイティ』『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』『マザーズ・デイ』など。


*ペリット:コリン・ファレル

コリンについては『S.W.A.T.』でみりぺでぃあ記載済のため省略🌟
しかしまぁ本作はイヤ〜〜な役でした💦
いいとこ一つもなし!!笑
コリンも吹っ切って、イケメンキャラやめてこーゆう役やってくれると、急に好感度上がりますね😂👍笑


*ハーケン:ケヴィン・スペイシー

米・ニュージャージー州出身🇺🇸
軍人学校に通っていましたが、同級生との揉め事で一般高校に編入。
その頃から俳優を志し、1981年に舞台デビューしました🌟
1986年には『心みだれて』で映画デビュー。
その後のキャリアは輝かしいもので、1991年には舞台『ロスト・イン・ヨンカーズ』でトニー賞を受賞。
1995年の『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー助演男優賞を、1999年の『アメリカン・ビューティー』でアカデミー主演男優賞を受賞しました✨
しかし2017年に男性俳優からセクハラを告発され、同様の告発が相次いだことから、複数の作品が打ち切りになったり、撮り直しとなりました💦
同じタイミングでスペイシーはゲイをカミングアウト。
このタイミングでのカミングアウトには、「セクシュアルマイノリティへの偏見を強めた」との批判も相次いでいるそうです。
彼の志向や言動はともかくとして、惜しい形で名優を失ったなぁと思ってしまうようなキャリアの閉じ方だったなと残念です😢
主な出演作は『アウトブレイク』『セブン』『L.A.コンフィデンシャル』『交渉人』『ペイ・フォワード 可能の王国』『スーパーマン・リターンズ』『メン・イン・キャット』『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』『ゲティ家の身代金』『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』など。


*MF・ジョーンズ:ジェイミー・フォックス

米・テキサス州出身🇺🇸
大学では音楽を専攻し、ジュリアード音楽院でピアノも学んだが、卒業後はコメディアンとしての道を歩み始めました✨
1992年に『トイズ』で映画デビュー🌟
1996年からTVのコメディ番組『ザ・ジェイミー・フォックス・ショー』に出演、広く人気を博し、かつ映画においては2004年の『Ray/レイ』でアカデミー主演男優賞を受賞して名優の仲間入りをしました✨
このとき『コラテラル』でも助演男優賞にもノミネートされており、惜しくも受賞は逃しましたが、彼の演技がいかに素晴らしいかわかりますね☺️
その他の出演作は『ALI アリ』『ステルス』『ドリーム・ガールズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』『ホワイトハウス・ダウン』『アメスパ2』『ANNIE/アニー』など。
もうすぐ公開のタロン様主演作『フッド: ザ・ビギニング』にも出演しているので楽しみです💓
ぷ

ぷの感想・評価

2.0
いろいろやらかし疑惑のケビンスペイシー。
やっぱりそういう目で見てしまう。映画に罪はないけど。

ジェニファーアニストンやらコリンファレルやら、こういう映画に出るんだな、と思ったり。
モンスター上司2まで出てるらしい。アメリカではこのタイプの映画は洒落てるって言われる類なんだろうか。

いろんな意味でついていけない。
テーマは面白かった。
とてつもなくくだらなすぎる。
こんな上司いるところでは絶対働きたくないしこんな人を上司にさせた会社もヤダ笑
gagasho

gagashoの感想・評価

3.0
ケヴィン・スペイシーがやっぱり好き~(^^)
歯医者で鍵かけられてオー、シット!とかいうのほんとに間の取り方がアメリカンで笑っちゃう。深夜に見るのにぴったりのくっだらない映画(笑)
>|