YuukiImazu

ブコウスキー:オールドパンクのYuukiImazuのレビュー・感想・評価

3.8
アメリカのアル中不良作家チャールズ・ブコウスキーのドキュメンタリー。詩の朗読会、壇上で暗い照明に浮かび上がるブコウスキー。出だしから彼の魅力がビンビン。

彼の作品ではお馴染みの酒や女、競馬についての話の他に、幼少時代の辛い思い出などの新発見もあって良かった。てか、映像の中で生きている彼を見れただけでも大満足。

パンク、破天荒、ろくでなし、てなイメージが先行するんやけども、本当はロマンチストで繊細な、心優しい男という部分がよく表されていたな。かつての恋人への詩をカメラの前で読んでいたら、突然感極まり涙する姿は印象的でしたね。

マイノリティへの温かい眼差しを向けた、偽りのない、リアルな文章を書くことだけに実直に生きた男チャールズ・ブコウスキー、カッコいいな。