ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の作品情報・感想・評価

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団2007年製作の映画)

HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX

製作国:

上映時間:138分

3.8

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」に投稿された感想・評価

rrr

rrrの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ハリーポッターの中でもかなり面白い印象。戦闘シーンとかかっこいいし、ストーリーも良い!あのくそおばさんも何気にいいキャラしてる!そして安定の原作批判として、ダンブルドアのとった策が悪すぎて悲しくなりました。あとチョウチャンはほんまにかわいそう。あんなん卑怯すぎる。マジでマルフォイはくそ。
nanaco

nanacoの感想・評価

4.5
ハリーポッターシリーズで一番大好きです!!!みんなで戦うシーンは興奮します!
まいぽ

まいぽの感想・評価

4.0
不死鳥の騎士団かっこいい。みんなで呪文練習してるシーンが好き。
今んとこ一番おもしろい。
まず不死鳥の騎士団って邦題、中二っぽいけどめちゃかっこいいな。
なんとなくハリーの顔が大人っぽくなってきた。
アズカバンの囚人が好きなのでシリウスと人狼さんの復帰は嬉しかったけど。。
アンブリッジとか全く覚えてなかったけどベラトリクスは何故かすごい記憶に残ってた。

このレビューはネタバレを含みます

終始暗ーい感じ。ハリーが苦しんだり孤独になっていくのが見ててなんとも辛かった。わたしがハリーだったら不安で不安で死んじゃう。ダンブルドアに自分を見て!って叫んだのも、怖くて孤独で誰にもわからない不安な気持ちが爆発したんだろうなぁ。ダンブルドア軍団の訓練はテンポよく見せていたけど、明るいのはほんとそこだけだった。(でも、特訓の成果が発揮されるシーンと、みんなの覚悟が見えるシーン、見ていてとても心強かった。)それから、アンブリッジのまあうざいことうざいこと。でもイライラが溜まりに溜まった分、最後はスカッとした。シリウス、、、、涙涙 ずっと苦しんで、苦しんだ挙句大切な人を失ってくハリー可哀想すぎる。でもハリーは大切な人を失う分、仲間との絆が深まっていくし、失ったものはいつか戻ってくるという言葉により、切なく悲しいが少し希望の見えるラストだった。

ちなみに、ヴォルデモートとの闘いのシーン、音が一気になくなってスローモーションになるの、リアルで怖すぎ。スローモーションの闘いシーンってあんなに緊迫感つくれるのね(そこ以外がめちゃBGMあるからかね)てかダンブルドアってあんなに強かったんだ、さすが校長だわって感じ。あんなに強いんならワンチャン頑張れば倒せるんじゃない?という素朴な疑問。でも予言通りになるんだろうなぁ
tommyni

tommyniの感想・評価

3.8
仲間たちが団結して強くなる。皆で練習してるシーンが好き。
シリアスだけど続きが気になってくる。
myco

mycoの感想・評価

3.8
この作品はかっこいい!
ヴォルデモートの復活とそれを認めない魔法省の話。

裏に回ったヴォルデモートが自分に有利に動くように、部下と働きかける陰謀が話の主軸になっている。

そのことからハリー・ポッター達に障害が差し迫ってくるが、仲間達と乗り越え仲間達を助け、仲間達に助けられる話。

陰謀がストーリーの真ん中にあるので、そこを楽しめれるといい映画。

ドローレス・アンブリッジに腹を立てる人も多いだろうが。あのキャラクターの設定を考えた人と、見るものの感情を揺さぶる演技は完璧だと思う。

アンブリッジ無しでは盛り上がらない回でもある。陰の立役者だと思う。
>|