ナイトメアー・ビフォア・クリスマスのネタバレレビュー・内容・結末

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス1993年製作の映画)

THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS

製作国:

上映時間:76分

3.8

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

歌も世界観も可愛く、概念や倫理観の大切さも伝わった。
ジャックは喜ばせるために、クリスマスしたのに、これは、価値観の違いだからしゃーなし。
ハロウィーン期間のホーンテッドマンションに乗りたくなった~~



世界観が満載でした☺︎


ただ、ジャックがサンタさらってこい
っていうのはどうなのでしょう。(笑)


あと、ちっちゃい時にみると
トラウマになりそうだなーって
思いながら見てました。(笑)


__
・圧倒的な世界観とビジュアルで惹き込まれる

・メインテーマを始め、劇中歌なども世界観を壊さないポップさと不気味さを兼ね備えた曲で良かった

・登場人物全員の価値観がぶっ飛んでいるので観ているこっちの価値観を重ねて観られないので着いていけない点も多々ある

・主人公のジャックが基本的に問題を起こすのだが、この世界で圧倒的なカリスマ性で支持を得ているので最後まで責められたりすることはないので若干モヤモヤする

・人を攫って来いと指示する主人公…。笑

・ブギーは見るからに悪党で敵という感じなのだが登場するのは終盤でしかも悪さという悪さはしておらず、家に勝手に用意されたサンタを処分しようとしただけ(そのサンタを攫う様に言ったのはジャック)なのにブギーを退治して一件落着、というのはちょっと違う気が。笑

・なんだか勢いでハッピーエンドになった感が否めない作品。嫌いではないが。
子どもの頃にビデオを何回もレンタルして見た作品。歌える(笑)脳みそとかブギーの中身とか衝撃的なシーンが多くて、なかなか濃ゆい。いや、濃ゆい!
でも、ヘタに変な映画借りて損した気分になるより、これ見てた方が良かったのかも。

後になって、一コマずつ撮影して出来た作品だって理解した時にはもうそれはそれで衝撃だったよね。本当すごい。
ハロウィンの国の王子が、クリスマスの世界に触れてサンタになりすますお話。
キャラクターの動きがいかにもティム・バートンという感じ。
秋頃からずっと見たくなる。世界観がかっちりしててとてもよい
大好き
不気味な見た目で不気味な奴らを従えるジャックの夢見がちなところ、ほんとお馬鹿でどうしようもないと思うんだけど憎めない可愛さがあります。失敗にしょげる姿が堪らない気持ちになる…
ティムバートンの中で一番好きです。好きなシーンが山ほどある…

ジャックの初登場シーン、サリーが占いするところ、薬で博士を眠らせるところ、クリスマスタウンに落ちるところ、ジャックに渡す差し入れがカワイイところ、サンディークローーーースの言い方、あげたらキリなし!

ハロウィンやクリスマス関係なく定期的に見たくなります。
音楽がとにかくいい!
特にジャックが墜落した後落ち込んで開き直る時の歌が好きです!

背景もキャラの細部も凝っていて見てて飽きないです!
ハロウィンの時期に見たくなる♡
サリーも強くて大好きです!
>|