リプリーの作品情報・感想・評価

「リプリー」に投稿された感想・評価

ぱぷぽ

ぱぷぽの感想・評価

3.5
普通のサスペンスかな??と思って観ていたら
予想外に同性愛描写があってビビった笑

ベニスに死すとは違い美しいイタリアの風景に親のお金で豪遊するぼんぼん。
羨ましい限りで。

主人公はマット・デイモンだけど恐ろしくイケてない。
本質を見抜いている説あるようですが、え!?なにその言い分…ストーカー!?怖…ってなってしまいました。

うってかわってジュード・ロウを観るための映画なんて感想も見ますが、こっちはまさにその通り!!!!!!
よく言えば色っぽくて、危なっかしいプレイボーイ
悪く言えば軽薄で、気まぐれ
そのどちらの部分も劇中では大層魅力的
ジュード・ロウってこんなにかっこ良かった!?とあまり認識できていなかった自分が恥ずかしい。

まず顔面が100点である笑
日に焼けた肌にブロンドの髪がすこぶるセクシーで
なんかもうギャグみたいに美しいショットがたまにある。
彫刻とか美術品みたいに完璧で焦る。

ジュード・ロウ観るだけでも価値があります。
いや、ストーリーもちゃんと面白いです。

知らないで観てしまいましたが、太陽がいっぱいを観る前に見たくなかった!!

このレビューはネタバレを含みます

サイコなマット・デイモンです。
でも、わたしが1番分からないのは、好きな人を殺したいという気持ち。それには共感はできませんが。
マージが1番可哀想に思いました。勘が鋭くて、賢くていい女。
若かりしマット・デイモンって、ほんと、ゲイっぽいですよね。なんか可愛らしいというか。
ラストはちょっと、意味深というか、含みを持たせてる感じ?かな。
わかりやすくなってその分深みがなくなったかも。
U-Nextのお薦めバナーにつられて見てしまいました。アランドロンで有名な名画「太陽がいっぱい」と同じ原作をベースにしたリメイクだということは後で知りました。
ミステリーとして秀逸なストーリーとマット・デイモン主演ということでもっとハラハラドキドキ展開するアクションミステリーかと期待していたが、ちょっと薄気味悪いサイコホラーのような展開でした。最後までスカっとすることなくドロドロしたまま終わってしまいます。
個人的なツボはマット・デイモン演じるトムがジャズの猛勉強をしているところやジャズクラブでのシーンなど要所要所に挟み込まれるクールなジャズピースたちでしょうか。
リンゴ

リンゴの感想・評価

4.0
複雑に入り組んで無いストーリー久しぶりに見た、面白かった
ジュード・ロウが最高にイケメンに撮れてる
ゲイ映画
yukiko

yukikoの感想・評価

4.0
いやートム??やりすぎでしょ。愛は返ってこないとこんなに狂う。罪な男ディッキー。私はピーターも超好きだった。
男女共に豪華過ぎなキャスト。ずっと観たかった映画。マットデイモンの救いようない涙の瞳にスコア4!
とりこ

とりこの感想・評価

3.7
「太陽がいっぱい」のリメイクだけど、かなりイメージが違う。

アラン・ドロン版リプリーの方がクレバーで孤独で繊細なかんじが強くする。それにディッキーへの気持ちの鬱屈した様子がとても良かったのだが...今作マット・デイモン版リプリーは情熱的でわかりやすい。ディッキーへの気持ちを隠さないし、その上で構築されている上下関係がはっきりしていて、良い意味でのモヤモヤ感がない。
追い詰めらていく緊張感はマット版の方が上かもしれないけど、リプリーという人物の魅力はアラン・ドロン版に敵わないと思う。

ディッキーのジュード・ロウの美しさは素晴らしかった。この作品には美しさはマストだと思う。
あと今作に取り入れられてるジャズの要素も好み。「マイ・ファニー・バレンタイン」良かったです。
Yuzu

Yuzuの感想・評価

3.7
全く前知識なしで見たから展開にびっくりした!
キャスト豪華すぎるし、とにかくこの時代のジュードロウが1番かっこいい気がする!!
太陽がいっぱいも観たい!
>|