ホフマン

メランコリアのホフマンのレビュー・感想・評価

メランコリア(2011年製作の映画)
3.9
インタビューの作りたいもの作ったらロマンチックになったていうの面白い。
ギャグ映画を作りたいのか大真面目なのかがわかりにくい、多分若干ふざけて作ってもいるかも。うつていうのは本人が大真面目でもはたから見れば滑稽に見えるものだからそういう意味でもうまいのか。
ゲンズブールは見てるのがつらいような表情だな。普段からも疲れ果てた顔をしてる。
今回の作品はあっさりしていて、前半はいつも通りの破滅展開だった。
鬼のような母に式をまんまとめちゃくちゃにされてしまう弱さよ。