メランコリアの作品情報・感想・評価

「メランコリア」に投稿された感想・評価

インタビューの作りたいもの作ったらロマンチックになったていうの面白い。
ギャグ映画を作りたいのか大真面目なのかがわかりにくい、多分若干ふざけて作ってもいるかも。うつていうのは本人が大真面目でもはたから見れば滑稽に見えるものだからそういう意味でもうまいのか。
ゲンズブールは見てるのがつらいような表情だな。普段からも疲れ果てた顔をしてる。
今回の作品はあっさりしていて、前半はいつも通りの破滅展開だった。
鬼のような母に式をまんまとめちゃくちゃにされてしまう弱さよ。
扇

扇の感想・評価

3.8
破滅が到来するごとに千切れていく絆がある一方で、深くなる絆がある。
皆は不幸かもしれないけど今、私は幸せよという話はいかにもラース・フォン・トリアーらしい。
恐ろしく、それでいて美しいラストを最高のテンションで迎えました。
nico

nicoの感想・評価

3.6
終始淡々と暗くてって感じだけど、個人的に後半面白くなった。
おっさんひどい(笑)
美しい映像。淡々と描いている中に色々な人間の心理描写があり、誰に感情移入すればいいのか迷っているうちに終わる。正直つまらなかった気がするのに観た後から、自分ならどういう行動をするだろうかと幾度となく考える。ふとした時に、また。
キルスティン・ダンスト好きじゃなかったら拷問やな
全く面白くない。感情移入度0の主人公に超イライラ。オチまでが退屈すぎ。時間無駄にした。
豪華な料理も粗末な料理も排泄したら一緒(お前の人生もな笑)…とかいうトリアーからの邪の境地、最悪なラブレター。
lenochi

lenochiの感想・評価

3.0
2017/12/15
地球に惑星メランコリアが衝突する🌎🌕という結末は7分ほどのOPにダイジェストで示されます。指からビリビリしてたし特殊能力でも使って回避するんでしょと思ってたらそのままぶつかり文字通りの鬱(メランコリック)エンド…あれ…

★前半は妹の奇行をこれでもかと見せてくる。キャディカーで走ってって放尿とかシュール過ぎるし、肌身離さず持つわ!と言った1分後にその写真を放置してて笑ってしまいました。どうやら心の病を患ってるらしく、常識人のお姉ちゃんは甲斐甲斐しく世話をする
★後半は、いよいよ惑星が接近するにつれパニクる姉や壊れていく常識人たちを描く。彼等とは逆に冷静になっていく妹との対比を表してます




ノアの箱舟とかターミネーター2のサラコナーとダブります。サラは審判の日に備えて息子にサバイバル術を叩き込んだり武器を揃えたりしていた。でも周囲の人間にはロボット襲撃などの主張なんて信じられないので、彼女はただの異常者にしか思われず精神病院に入れられてしまう

惑星衝突を予見したジャスティンちゃんの奇行も未来が恐ろしかったからこそ。前半後半で唯一変わらなかった甥っ子はまだ社会に出ておらず、俗世間の常識レッテルが貼られていない事を表してる。割と速やかに順応したジョンコナーと通じます

作品メッセージは「一見異常な人にも彼等なりの理由がある事を解ってくれ!」だと思うのですが…ジャスティンの行動はサラやノアと違って惑星接近と結びつかずどっちにしても異常でしかない。空を見上げてた点とシェルターの台詞ぐらいですよ。なのでどうにも表現が噛み合ってないのが惜しいところ。姉のクレアが大混乱しちゃうのも「いざという時に冷静でいられるのはこっちなんだからね!泣」みたいな駄々に思えてしまいました

まぁシェルターとか完成させてたら方向性は変わっちゃってただろうしこれで良かったのかな…モヤモヤ…




冒頭にスーパースローの超美麗映像を見せてくれますが、残りの2時間はほとんどブレまくりの手持ちカメラ。デジカメでポチポチしてる様なズームも雑で頭痛くなりましたよ❌心の不安定さでも表してたのかな。シロウトっぽかったですけどワザとなんでしょうか

キルスティンダンストがおっぱい出してたのは驚いた。見せる価値のある良い乳首…
>|