25日・最初の日の作品情報・感想・評価

25日・最初の日1968年製作の映画)

25-E - PERVYI DEN'

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:12分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「25日・最初の日」に投稿された感想・評価

マヤコフスキー『ウラジミル・イリイチ・レーニン』からの引用らしい
ユーリー・ノルンシュテインの初期作品。


ロシア・アヴァンギャルド的な街並みのなかで、宗教画モチーフで描かれた民衆が、ディズニーやアメリカンカートゥーン風に描かれたブルジョワや貴族、聖職者に向かっていくという、ロシア革命を題材にとったプロパガンダ映画。

のように見えるのだがなかなかそうとも言い切れない。というのもソ連の共産主義は宗教を否定しているのに民衆を表現するものとして宗教的なモチーフを使ったり、街並みに使われるロシア・アヴァンギャルドは(確かに革命前後に隆盛を誇ったのだが)スターリンによって弾圧されていたり、さらにはノルンシュテイン本人がディズニー好きだったり…。

作られたのも冷戦が多極化する時代であり政治的にはなかなか一筋縄ではいかない作品。

いちアニメーションとしてみるとシンプルに動きを追うのが面白い作品。映像的な異物感の混在という意味では「まどか・マギカ」のご先祖様かも?
うさ

うさの感想・評価

-
最初と最後にロシア語が出てきますが、どういう意味か分かりません…💦
も

もの感想・評価

3.5
プロパガンダ批判のプロパガンダ
いしが

いしがの感想・評価

4.0
衝撃。多分何回観ても飽きない。
のあ

のあの感想・評価

3.4
GyaO!で滑り込み鑑賞その3。

10月革命を描いた短編アニメーション。
寒い国のロシアらしい灰色と、革命の激しさを思わせる赤との色のコントラストが印象的でした。
人と建物が入り乱れる絵の混沌と繰り返されるスローガンに、革命を感じる。
dodo

dodoの感想・評価

5.0
怖い!美しいし、芸術的。 
赤い集団が炎みたいで、怖くて堪らない。民衆の怒りの炎を表現しているのだろう。
しかし何故か悲しい。
いつ見たか思い出せない。強烈な赤色しか覚えてない。
寝すぎて記憶がぶっ飛んでる
it

itの感想・評価

-
怒濤の構成主義MV
>|