あゆみ

アメリカ、家族のいる風景のあゆみのレビュー・感想・評価

アメリカ、家族のいる風景(2005年製作の映画)
4.5
大好きな「パリ、テキサス」の監督、脚本。これも好きだった、雰囲気も風景もツボだった。

映画撮影中の俳優が失踪し、何十年ぶりに母親を訪ね、そこで自分に子供がいる事を知り、モンタナへ行く。。
いかにもな家族の映画じゃない、二階からソファを放り投げるような、ぐちゃぐちゃな映画。それでも、血のつながりっていいなと思わせてくれるから不思議。
主人公のお母さん、彼女は素晴らしい。彼女が繋げてくれた家族。

綺麗なサラ・ポーリー。この作品の彼女を観て、サラ・ポーリーがもっと好きになった。ティム・ロス、面白い役じゃないのに面白いw この人も好き。

ソファって、どこにあっても心が落ち着く場所なのかな☆