害虫の作品情報・感想・評価

「害虫」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.7
私は映画に関しては「スジ」にどうしても注目してしまうので、この脚本にさほど説得力を感じられなかったので比較的低めの点数になってしまった。だが、計算され尽くしたストーリーであることは分かる。冒頭の母親の自殺未遂や電球を金槌で割るところが示しているように、この映画は「破壊」をめぐる物語である(「自殺未遂」も「自己破壊」の行為だろう)。そしてそれは、当たり屋(これも「自己破壊」だ)としてカネを稼ぐ男やホームレスと思われる男の行う「破壊」行為ともシンクロする。逆に言えば主人公は「破壊」の対局にある学校での「秩序」に馴染めない存在として描かれ、彼女は文字通り教室中に並べられた机を乱すことで遂に「破壊」に手を染める。一時はレイプされそうになった(「破壊」させられそうになった)彼女が、自ら「破壊」を行うことで大人になったとも受け取れる場面である。彼女は一皮剥けたと受け取るか、破滅して行くことを選んだと受け取るか。それが試される。
とにかく宮崎あおいの画が美しく儚い
kazuchika

kazuchikaの感想・評価

3.2
正直あんまり覚えてない
もう一回観てみようかな
光石研が車ん中でザゼン流してるの良いな〜!
宮崎あおいが二階堂ふみに見える時が何回もあった。
制服、艶のある長く黒い髪、スカートからのびる脚・脚・脚…執拗なまでに若い肌を撮って、切り取り方が上手だと思った。

ファーストカットが絵画みたい
はるか

はるかの感想・評価

4.0
田辺誠一って何故か見ててドキドキする

宮崎あおいの圧倒的少女性がこの映画の要

夜中にテレビで見てショックで眠れなくなった
Sawa

Sawaの感想・評価

4.2
最高としか言いようがない。
衝撃の連続。カメラワークにも、宮崎あおいのアンニュイな魅力にも、退廃的な風景にも、寡黙な空気感にも、全てに心を奪われてしまった。
彼女はあのファム・ファタールだと思った。
惹きつけられる、という感覚を改めて感じた。
mary

maryの感想・評価

-
2014/12/22
空衣

空衣の感想・評価

4.0
夢を毎日日記に書いていると死んじゃうそうです。本当なら、私は死者だなあ。
Masao

Masaoの感想・評価

3.4
父は死に、母は自殺未遂をした少女が自分の居場所がわからず段々に孤独になっていくお話。

親友も彼氏も、不良の友人も、関係の深かった小学校の担任も、誰も彼女と分かり合えず、すれ違い、
そして最後には完全に繋がりのない世界に自ら足を進めてく…。

前情報なくジャケ写で借りた。
クールで無口な宮崎あおいも悪くないけど…
もう少し笑っている方が好きかなぁ。
him

himの感想・評価

3.8
胸糞悪い。鬱映画かつ激しい。ナンバーガールのI Don't Knowがかっこいい
>|