007/ゴールドフィンガーの作品情報・感想・評価

「007/ゴールドフィンガー」に投稿された感想・評価

駁

駁の感想・評価

3.5
イイ!∑d(・ω・`)ショーン・コネリー
007シリーズの第三作。

本作、マイアミから始まるが、冒頭から「女性との戯れている場面ではなく、仕事をしているジェームス・ボンド」が描かれる。

この第三作から、ボンド・カーが変わった。(ベントレー→アストンマーチン)
カーチェイスでは、車の後ろから煙、油を吹きだしたり、イスも飛び出す。他の車と並走してパンクさせることもできる。一見普通の車というあたりは、セブンのポインターとは違うかな。

ボンドガールは、やはり金髪。オナー・ブラックマン(プッシー・ガロア役)。
この女性、パイロットかつ飛行訓練教官でもあり、その飛行訓練場にいる5人の女性パイロットも全員金髪女性というのは、なかなかグッドである。

何回も観ている映画なので、用心棒男(ハロルド・サカタ)が感電死する場面など、観ている途中で続々と思い出す場面の数々。

お洒落なアクション映画的である。
pier

pierの感想・評価

4.1
本作で今に至る007の形が出来てきたというか、色がはっきりしてきたかなという印象を受けます。
全身金粉のボンドガールとか、ハロルド坂田の帽子とか、名シーンも満載。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.5
面白いんだけど、時代なのか映画の意味合いが異なっているので
現代の映画に慣れてしまっている自分からすると、どうも物足りない感じがしてしまう。
濡れ場がないからかな…?

エンターテイメント性が前面に出るので、「だからといって死をもって罰することは正義なの?」と思ってしまう。

最後に結ばれるのが敵の女ってどういうことだよ(笑)
>|