52

ソドムの市の52のレビュー・感想・評価

ソドムの市(1975年製作の映画)
-
マルキ・ド・サド『ソドムの百二十日』を読んでいたので覚悟して観たけど、糞尿地獄篇でまぶたをそっ閉じした。デカいスクリーンで観たのきつかった。バタイユも読めない甘ちゃんが観るにはただの変態映画になってしまうな。犬に見立てた女に釘入りのパン食わせるところはちょっと良かった。