どーもキューブ

チェイシング・エイミーのどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

チェイシング・エイミー(1997年製作の映画)
3.9

このレビューはネタバレを含みます

ケビンスミスのコミケではじまる物語



脚本監督ケヴィンスミス(サイレントボブ主演)。

漫画家二人、ベンアフレック、ジェイソンリーがとあるコミックマーケットで出合う女性漫画家

ジョーイローレンアダムス。

恋に走ると彼女の盛んな性癖にぶちあたる。

ジョーイローレンアダムスの可愛さ

声のキュートさが良い。

彼女のいろんなところに色々ぶつかります。

100パー文化系の設定

お互いの過去

不器用でわがままなトライアングルがラスト

びっくりする解決方を提案されます。

ケヴィンスミスがジョンヒューズを尊敬していましたが、

恋の教訓をエイミーから学ぶのです。

サイレントボブ隠れキャラも楽しもう!

2009年2月19日 8時25分

追記
「映画秘宝」町山さんの隠れたレコメン記事を読んで、ビデオを探して見たケビンスミス作品。

ラストは、かなり仰天。

ジョンヒューズ尊敬のケビンの曲がった青春物語。

ケビンスミス初期映画のキャラ2人、
サイレントボブとジェイも脇で出演。