ローズの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「ローズ」に投稿された感想・評価

実力も名声もあり魅力あふれるローズだけど、そのプレッシャーの中生きていくだけでも相当難しいのかな。だれも悪い人はいないのに。何かが大きく変わるとき、ものすごいパワーを感じる。実話に基づく映画でだけにすごくリアルだった。
カトリーヌドヌーヴのローラが観たかったのに間違えてローズを借りてしまった。ベット・ミドラーもジャニスジョプリンも知ってるけど彼女たちを好きじゃなければ楽しめないわね。何よりも長すぎて長すぎて途中で寝てしまったくらい。
ベットミドラーが、ジャニスジョプリンをパワフルに演じた、作品 ラストは、圧巻だ!

このレビューはネタバレを含みます

ジャニス・ジョプリンをモデルに描いた呑んだくれ女性ロックシンガーの短い生涯を描いた音楽映画。こう言い切ってしまうと実に身も蓋もないが、音楽と芝居を恐ろしいほどのクオリティで両立してみせたベッド・ミドラーに感服。
ステージ上の、男もなぎ倒すほどの圧倒的パワーを持ったパフォーマンスとは裏腹にプライベートは実に繊細で傷つきやすい1人の女性(というかもはやメンヘラ)であったローズ。日頃の疲れと不満、そして尊敬するミュージシャンから罵声を浴びせられ限界を迎えたローズは1人の運転手を捕まえ強引に逃亡をはかる。この運転手こそが後にローズの恋人となり彼女の人生を終わらせるきっかけとなるヒューストン。全米ツアー中のローズにぴったりくっつきツアーに同行することになったヒューストンだが、ローズのあまりに破天荒な性格に振り回され(メンヘラぶりを発揮し)、痴話喧嘩を繰り返した果てにローズのもとを去って行く。
心身ともに疲れ果てたローズはドラッグのオーバードースによりステージ上で事切れてしまう。
ツアーのラストを飾るローズの故郷でのステージで彼女は命の最後の灯火を盛大に燃やして観客を熱狂させる。その後本来のロックシンガーであるローズの姿は1人の繊細な女性の顔に変わっていき、幼き日の歌にもならない歌を歌いながら絶命するというなんとも壮絶なラストだった。このローズという役を演じ切ったベッド・ミドラーにただただ拍手を送りたい。
ONNE

ONNEの感想・評価

4.2
もう、ベット・ミドラー大好きだから💕
アタシは大好き~~~!
良さが出てたし、ジャニス・ジョプリンの事も理解出来る💕
お時間あるひと、見てみて~~~💕
AKARI

AKARIの感想・評価

4.1
素晴らしい歌唱力と演技。
この熱い思いが伝わる演技は芝居とは思えないものでした。
迫力。
Kara

Karaの感想・評価

4.4
ベッドミドラーでしか出来なかった役!このThe rose は一生頭に焼き付いてるだろう。
心に残る名作。とにかくベッドミドラーの歌と演技が素晴らしいです。
yk

ykの感想・評価

3.9
ジャニスジョップリンをベットミドラーでなんて贅沢すぎる
映画みだしたロック好きだった時期に観てるからそろそろみかえしたい
鈴木

鈴木の感想・評価

-
ベットミドラーのすべてに持ってかれた
これぞロックンロールスター