宙2秒

兜の宙2秒のレビュー・感想・評価

(1990年製作の映画)
3.4
サムライとナイトどっちが強い?
そんな夢のカードが実現している映画。
なのに、画像すらないとは!
ここまで注目されてないとなると、スコアを上げざるをえない。
じつはこれなかなかのぶっとび映画。
武士が鉄砲を買いつけにスペインに行き騎士とチャンバラをするという、ストーリーからしてトンデモ臭が漂うのだが、見ていてツッコミが絶えることがない。

中でも、主役を演じるショーコスギとケインコスギの父子が家臣と若殿にキャスティングされたことで上下関係が逆転しているし他人なのにそうは見えないのがいちいち面白い。パツキン女をとりあう会話とか抱腹絶倒。

ストーリーもザックリしすぎているのだが、三船敏郎が徳川家康だったり、八幡大菩薩信仰してたり、無駄に豪華で忠実な部分もあり、大河ドラマは軽く超えているし、アクションもやりたいこと全部入れてみました感。
なのに、このトンチンカンなストーリー!

スペイン人なのに、どうして英語なんだろうね。まあ、仕方ないか。
ちなみにスペイン国王がクリストファー・リーだそうで。モロッコ人もどこかで見た顔。