L.A.コンフィデンシャルの作品情報・感想・評価

L.A.コンフィデンシャル1997年製作の映画)

L.A. CONFIDENTIAL

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.9

「L.A.コンフィデンシャル」に投稿された感想・評価

🚧👷🏻‍♀️ただいま工事ちう👷🏻‍♂️🚧
No.920
クロウ、ピアースということはオージーノワールですか?
ごだ

ごだの感想・評価

4.0
嫌な上司の痛めつけ方
Kyoshin

Kyoshinの感想・評価

4.5
人の名前覚えきらんけど面白いぞ...
iio6o6

iio6o6の感想・評価

3.8
ラッセルクロウの出世作かな?
面白かったのだけ覚えてる。
ひゴル

ひゴルの感想・評価

4.3
1953年、ミッキーコーヘン逮捕によるLA最大の犯罪組織の解体作業に取りかかるLA警察。しかし時を同じくして、街のカフェで黒人3人による無差別惨殺事件が起き、殺された被害者の中にはクリスマスに暴行騒ぎを新聞に書かれて見せしめで首となったばかりの刑事が含まれていた..

全く違うタイプの3人の刑事
正義感の塊みたいな新人刑事のエド(ガイピアース)、ハリウッド映画の技術顧問など兼任でスター気取りな麻薬班のジャック(ケヴィンスペイシー)、幼い頃に父の暴力による母親の死を見届けるしかなかったバド(ラッセルクロウ)
それぞれのやり方で事件の真相に近づくまでは完全に群像劇で、3者のキャラクター描写が秀逸。
ゆえに後半の意気投合に熱く燃える!
犯罪捜査物でトップクラスの面白さ!😁

だが人の名前をセリフが多く一人の呼び名が2つもあったりして誰が誰だかで巻き戻して観たのでその辺かな..マイナスポイントは..😂
一回では面白さがよく分からなかった。

バドやらバズやら名前が似てたり、呼び名がコロコロ変わって混乱した。

しばらく二回目見るエネルギーはなし。
abee

abeeの感想・評価

4.6
【暗黒のLAに蔓延る「ロロ・トマシ」】

15年ぶりくらいに観ましたが、やっぱり最高ですね…やばいです。

わたくし、ジェームズ・エルロイが大好きでして…早く「アンダーワールドUSA」読まなきゃと思っている今日この頃です。
「アンダーワールドUSA3部作」というのは「アメリカン・タブロイド」「アメリカン・デス・トリップ」「アンダーワールドUSA」の3部作で、ケネディ暗殺という歴史的事件をアメリカの政界だけでなく、マフィア、ハリウッドなど多方面から描いた作品。ジョン・F・ケネディとマリリン・モンローのロマンスにジャッキーとの修羅場なんかも描いてあって、それはもう面白いですよね。

と、話が大きく脱線しましたが、「L.A.コンフィデンシャル」はエルロイがこの「アンダーワールドUSAシリーズ」を手がける前に創作した「暗黒のLA4部作」の3作目にあたるもの。1作目はデ・パルマによって映画化された「ブラック・ダリア」。4作目の「ホワイトジャズ」も映画化の話がずっとありますが、進行しないですね。
いや、ホント、マジで観たいんでお願いします。

エルロイの作品は実在の人物や事件を上手く虚構と絡めて作ってあって、なんか「狂犬」とか言われてますが、凄い根気のいりそうな作品ばっかりなんですよね。資料集めるだけでも膨大な時間でしょうね。

気付いたらエルロイの話しかしてませんね‼︎
本編の話しましょう笑

エルロイの作品の映像化はいくつかあるのですが、この作品はエルロイ作品で度々登場するタブロイド誌「ハッシュ・ハッシュ」が導入部分から上手く使われていました。この作品はストーリー自体に「ハッシュ・ハッシュ」が大きく絡んでくるので掴みとして最高です。

全くタイプの違う3人の刑事を主軸に物語が進んでいきます。
肉体派で勧善懲悪を正義に持つ男、バド。
頭脳派で出世のためなら仲間も売る男、エド。
刑事という職にありながらハリウッドにコネを持ち、LAの甘い汁を吸う悪徳警官、ジャック。
時間自体はさほど長くはないのですが、この3人のパーソナリティを細かく表現してますよね。それは言うまでもなく脚本と演者の力。

それが良く分かるのがバドが恋人のリンにエドとの関係を問い詰めるシーン。これがねぇ、また最高なんですよ。殺したいほど憎い父親と同じことをしてしまったという後悔と自分に対する嫌悪感。この短いシーンでバドが根底に持つ黒い感情を表現しきったラッセル・クロウ、なんとこれがハリウッドデビュー作だというからびっくり。
そして安定のケヴィン・スペイシー。彼の演じたジャックという男こそL.A.P.Dそのものであり、彼の辿り着くエンディングはL.A.P.Dが迎える結末の暗示となっているように思うのですね。

ということで、15歳の時にこれを観て「超面白い」とか「超カッコいい」とか思ってたわたしって結構ヤバい子だななんて思いました。
でも改めて鑑賞して、やっぱり何回でも観たくなる作品だなと思うので、ディスク買って良かったです。また何回でも観ます‼︎‼︎
>|