L.A.コンフィデンシャルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

L.A.コンフィデンシャル1997年製作の映画)

L.A. CONFIDENTIAL

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「L.A.コンフィデンシャル」に投稿された感想・評価

2012.03.10保存の📺録画DVDを再鑑賞した🎬です。


とても面白いですねぇ〜・・ストーリー展開が好いんだなぁ~


ラッセル・クロウの猪突猛進刑事
ケヴィン・スペイシーは粋な刑事
ガイ・ピアースは頭デッカチ堅物刑事

三人三様の刑事が紡ぎだすミステリーそしてサスペンスそしてアクションと面白い映画でした。


粋な音楽が全編に溢れて思わずワクワクしながら時間を気にせず一気に鑑賞してしまいました。
邊見猛

邊見猛の感想・評価

5.0
 みどころ︰全世界を狂喜乱舞させた【熱狂させた】,クライム・サスペンスの最高傑作❢❢。クライム・ノワールの鬼才,ジェイムズ・ヱルロイの同名ベストセラー小説を,カーティス・ハンソン監督が完全映画化❢❢。
m

mの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

プロットがめちゃくちゃ面白い!これ原作がすごいんだろうな。勿論この複雑な話を2時間でまとめた脚本と監督もだと思うんだけども。

血のクリスマス事件やミッキーコーエンの逮捕と実際の出来事を背景に退廃的で血の香るものものしい空気感が伝わってきて50年代ロサンゼルスってこんなだったのかなー、と妙な説得力。
そして、ナイトアウル虐殺事件の真犯人という筋だけじゃなくて、マフィア幹部の暗殺、大量のヘロインの行方、白ユリの館と事件の関わりなど様々な要素が重なり合ってメイン3人が各々の角度各々の方法で1人の黒幕にたどり着いていくのが凄かった。ケビン・スペイシーはサポート役にまわっていたけども。

何より、考え方も性格も違うとことん反りが合わない2人が紆余曲折を経て最終決戦でタッグを組むという展開はやっぱり熱い。
でも、過去の経験から女に暴力を振るうのが許せないバドがリンを殴っちゃったり、出世よりも真実を明らかにすることを選んだはずのエドがラストあーゆー決断をしたりだとか人間の本質って…って思ってしまった。相変わらずお互いのことはいけ好かないけど実力は認めてるみたいな関係なのかな?

若き日のラッセル・クロウもイケてた。乱暴者の役多い印象だけど、バドは頭も良いところがいい。
hikaru

hikaruの感想・評価

3.8
複雑に入り組む事件が1つにまとまる。
その一連の動きの中で、
絆を生み出す2人。

とにかくおもしろい。
常に想像の1歩先を行かれる感じ、
ハッピーエンドではあるけれど、
予想できない展開の連続で飽きない。
すごい。
いけ

いけの感想・評価

4.2
これは面白い!!
3人それぞれ粋でかっこいいし、
怒涛の展開に息をのむ感じ最高。
カルト人気の映画なので鑑賞。

クライムサスペンスで「セブン」「アンタッチャブル」に匹敵する面白さ❗

ストーリーの綺麗さと脚本の上手さ。1950年代のロサンゼルスを完全に再現したセット。銃撃戦。俳優の演技どれも最高。

ラッセルクロウ、ガイピアース、ケヴィンスペイシー、三人とも素晴らしい。ラッセルクロウは最初悪いやつかと思ったけど正義感溢れる刑事だった。

汚職刑事を始末するラストにスカッと。

オスカー獲れなかった作品ですが獲って欲しいぐらい面白かったです。
MrMasa

MrMasaの感想・評価

4.5
キャストがとにかくすばらしい。プロットも完璧。まさに名作でした。
クセなんて直さなくていい

もっとクセを出して走れ

ダニー・デビート、ラッセル・クロウ、キム・ベイシンガー、ケヴィン・スペイシー、ガイ・ピアース、ジェームズ・クロムウェル、ロン・リフキン、ソーセージ・マルメターノ、デヴィッド・ストラザーン、すげーなにこれーー!!

一癖も二癖もある連中が、クセなんてちっとも直さずにクセ出しまくりながら爆走する。

楽しい

それぞれに見せ場もあって、ストーリーはちょっと雑だけど、この映画なかなか面白かった。なんて思っていたら映画はまだ半分しか終わってなくて、本当に面白くなるのはここからだった。

なにこれヤバイ

白いユリの花園で

何かが蠢いている

ホモも蠢いている

ドス黒い何かの息遣いが聞こえる…

ケヴィン・スペイシーが、ラッセル・クロウが、ガイ・ピアースが、クセ出しまくりながら感情剥き出しでぶつかり合って、傷つけ傷つけられて、血ヘドを吐きながら物語をスクラムしていく。

はいここでジャッカル!!

こっちもジャッカル!!!

もうジャッカルしまくって繋がっていくからめちゃくちゃ楽しいじゃないですかこれ!!

1言えば10理解するみたいな有能な無言の会話もかっこいいし、信念が突き動かす衝動に胸が熱くなりました。

ラストもいい!!!

泣きそうになった。

あと、エンドロールの最後にニヤりとするシーンがあって危うく見逃しかけたので、こういうのってホラ、先に言ってくれないと…

ps
「L.A.」ロサンゼルスという都市名は、スペイン語で「天使たち」を意味する。
Ren

Renの感想・評価

3.9
ロロ・トマシ

傑作。
脚本が複雑な構造だけど、理解すればするほど、後半になればなるほど、緊張とドキドキが増していく。素晴らしい脚本、ストーリー。傑作。

名誉と昇進の全てを手に入れる男のと
自分の本能で動き愛を手に入れる男

公開日は逆だけどLAギャングストーリーの後の話かな?ミッキーコーエン逮捕の後の話。アンタッチャブルのデニーロ、アルカポネ、ケビンコスナーを思い出させる。

キャストがすごい、、

ガイピアーズ
ラッセルクロウ
ケビンスペイシー
ジェームズクロムウェル

この4人の演技が凄すぎる、、特にガイピアーズとラッセルクロウの出世がこの作品きっかけだったなんて、、

メメントの印象が強いガイピアーズ、この作品の最初、ガリガリで誰かと思った笑
グラディエイター、ビューティフルマインド、その他アクションをこなすラッセルクロウの幅の広さ。
セブン、ユージュアルサスペクツ、LAコンフィデンシャル、Negotiaterと立て続けに出演したケビンスペイシーはやっぱり凄い。勿論アメリカンビューティも。
donguri

donguriの感想・評価

3.8
97年のカーティス・ハンソン監督のクライム作品。
この時代背景の警察対マフィア構図のクライム作品は色々ありますが、この映画は警察の内部を中心に描かれています。

それぞれ問題を抱えながらも魅力的な登場人物と先が読めない展開、時代背景にマッチした音楽に惹きつけられました。
登場人物が多くて(というか色々な名前が沢山出てくるので)よくわからないセリフも多々ありましたが…笑

ラッセル・クロウ演じるバドが人間臭くてとても良かった。
それとこの映画、挿入曲が好きすぎてそれだけでもお腹一杯になりました^ ^