米倉ケイ

白雪姫と鏡の女王の米倉ケイのレビュー・感想・評価

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)
4.0
コメディだった!!すべてにおいて笑ったもの勝ち。

今回も石岡瑛子さん色が素敵でした、特に白雪姫の盗賊衣装。
衣装担当として遺作ということで、今後見られなくなるのは本当に残念でならない。

小ネタ満載で時間経過の整合性無視だったり粗い繋ぎではありますが、自分は笑わせてもらいましたし、白雪姫も可愛い。眉毛は愛嬌。
石油王の曾孫がイケメンのくせにワンワン泣くのもいいけど、悪どい七人の小人が非常に好きです。
衣装が豪華なのに舞台がやたら狭く感じてノリがチープというのが何とも奇妙ですが、全体的に台詞回しがなかなか秀逸で、ハマれば楽しいです。

それにしてもエンドロール急にインド映画化で笑った。
ターセム・シンの映画でこの手の終わり方は初めて観た気がします。衣装をキチンと見せたかったのかな。