しろくま

探偵はBARにいるのしろくまのレビュー・感想・評価

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)
3.3
松田龍平さんが好きで何度か観てます。

個人的に一番の見所だと思うのは大泉洋と松田龍平が繰り出す絡みや会話のシーンです。2人のやり取りは面白い。2人の俳優としての技量あってのこの雰囲気。でも、面白いのも良いんだけど、もう少し人間としてのもろさとか儚さとか、そういったところでこの映画の物語とうまく絡んでいけばもっと面白くなったのかなと感じました。面白さが独立してしまってる感は少しあります。あと、大泉洋と松田龍平はこんなもんではない気がします。

物語の展開は飽きはしないけど、いろいろ詰め込み過ぎてる感があったのと、登場人物たちの心情がいまいち感じ取れない。大泉洋演じる探偵もいまいちわからないまま振り回されてるだけな感じがします。(そこが良いのかもしれませんが)
もう少し、いろんな登場人物たちの心情とか、生きざまとかが見えれば面白いなと感じました。途中途中感動する場面とかシリアスな場面とかは急に来る感があったしいまいち入り込めなかったです。

最後はお決まりな展開でしょうか。バッドエンドで終わるのはそれはそれで良いんですが、なんだか変に置いてきぼり感を感じてしまったのと余韻もあまり残らなかったです。