探偵はBARにいるの作品情報・感想・評価

探偵はBARにいる2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.3

「探偵はBARにいる」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

3.0
今年三作目が公開された探偵物シリーズ。間に合わせるかは決めてませんが、とりあえずシリーズは見ていくつもりです。

主演のコンビは大泉洋と松田龍平。どちらも結構好きな役者です。その二人がチグハグコンビネーションで事件を解決させていこうとする推理物。
意外と渋めのテイストに作り手はしたいんだろうな、という意図は感じられたが、いかんせん大泉洋ですからね。どれだけ抑えても彼はやっぱり大泉洋ですから、ちょっと抜け感が出てしまい、まあそれはそれで程良いのですが、目指すハードボイルド作品には届いてないような気もします。
結構松田龍平が抜け感を出しているので、そっちの活躍の場を作ってあげてもよかったと思うのですが。

二人のコンビの相性の良さはわかります。冒頭から多くの説明もありませんが、二人で事件に向かう姿勢からは友情が読み取れてなかなか好きですし、ポロっとこぼれる本音とかもいいですね。友情物には弱いんですよ(笑)

ただやっぱり松田龍平の活躍がやや少なめで、もうちょい空手の師範代という腕前を披露させるシーンがあってもよかったのに、って思っちゃう。
ま、原作ありきなんでしょうけども、ハードボイルドを目指しているのに自分のキャラと松田龍平の雰囲気がそこを崩す、みたいな。
推理物として見ると浅い気はします。内容とかはあまり頭に残ってないですし、このコンビを見るという感覚がちょうどいいと思います。
えり

えりの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映画館でみた作品。
探偵ものだけど難しさがなくて良い意味で軽い気持ちでみられる映画。笑いありアクションあり最後は少し切ない。少しルパンっぽい。相棒高田がいいキャラしてるし大泉洋がかっこよく見える。見た人の感想みると犯人がバレバレだって書いていたが私はそうかな?と思いつつ最後までわからなかった笑

全体に漂うレトロな雰囲気もツボだし、
『アジア最北の大歓楽街』という響きがなんかかっこいい。ススキノいきたくなる。
おもろかった!いい映画だ。
180218.自宅鑑賞。テレビ放送しないなーと思ってた作品だったが観て納得。
思ったよりハードな作りだった。キャストのイメージをうまく使った作品だなーと感じました。吉高由里子が写真だけとは騙された。細かいところは抜きになかなかメインストーリーはしっかりしてた印象。
メインの二人はしっかりカッコよかった。
2も3も気になる作品。
強いて言えば尺が長かったと思う。
ヤマダ

ヤマダの感想・評価

3.3
大泉洋の演技が良い!!ハードボイルド感がスベってる、絶妙なダサさがマッチしてます!松田龍平もいい味出してます!でも、この二人が主演じゃなかったら普通のサスペンスドラマって感じかな(笑)
また、舞台が北海道(すすきの、小樽、大通、北海道大学笑)なので、あ!あぁ!ってなります(笑)作中に出てくるバーはモデルになった場所があるみたいなので、今度行ってみようと思います🍸
第2,3弾への期待を込めて、この点数にしておきます(^^)
MRK24Man

MRK24Manの感想・評価

3.3
お話自体は特に変わったことなし
でもキャラクターで魅せます
>|