探偵はBARにいるの作品情報・感想・評価

探偵はBARにいる2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.4

「探偵はBARにいる」に投稿された感想・評価

HiromiIse

HiromiIseの感想・評価

3.6
結構いいじゃん。
かっこいいじゃん
松田龍平さんが好きで何度か観てます。

個人的に一番の見所だと思うのは大泉洋と松田龍平が繰り出す絡みや会話のシーンです。2人のやり取りは面白い。2人の俳優としての技量あってのこの雰囲気。でも、面白いのも良いんだけど、もう少し人間としてのもろさとか儚さとか、そういったところでこの映画の物語とうまく絡んでいけばもっと面白くなったのかなと感じました。面白さが独立してしまってる感は少しあります。あと、大泉洋と松田龍平はこんなもんではない気がします。

物語の展開は飽きはしないけど、いろいろ詰め込み過ぎてる感があったのと、登場人物たちの心情がいまいち感じ取れない。大泉洋演じる探偵もいまいちわからないまま振り回されてるだけな感じがします。(そこが良いのかもしれませんが)
もう少し、いろんな登場人物たちの心情とか、生きざまとかが見えれば面白いなと感じました。途中途中感動する場面とかシリアスな場面とかは急に来る感があったしいまいち入り込めなかったです。

最後はお決まりな展開でしょうか。バッドエンドで終わるのはそれはそれで良いんですが、なんだか変に置いてきぼり感を感じてしまったのと余韻もあまり残らなかったです。

このレビューはネタバレを含みます

探偵大泉洋と助手松田龍平が顔の知らない依頼人からの電話をきっかけに事件に関わって行き、様々な事件が絡み合って最終的に1つに収束するという展開。

3を観て1も観たくなり観てみたが、相変わらず大泉洋の身体を張ったギャグシーンは面白かった。シリアスなシーンでは顔バレを気にしてコソコソしたりせずに真っ向勝負で自分の信念のまま突き進む不器用な大泉洋がかっこいい。そんな熱い大泉洋に対して冷めまくってる松田龍平も面白い。最高のコンビだ。個人的に人が死ぬシーンがごまかされずに描かれている上にやたらと多いのが生理的に苦手だが、最後に黒幕と依頼人が同一人物でしかも悪ではなかったという展開は裏をかかれた。
遠藤勲

遠藤勲の感想・評価

3.6
大泉洋がかなりしっくりくる映画
コミカルはもちろん、シリアスもいい
内容はどうでもいいかな
ムスタ

ムスタの感想・評価

3.7
大泉洋が大泉洋してるのに全然気にならなかったし、むしろハマってるなと感じた
探偵版ルパン三世とでもいえばいいのか、コミカルな人物がシリアスに事件を解決していく感じが好き
気軽に何回も見ちゃう
KiReiko

KiReikoの感想・評価

4.0
2人ともかっこよすぎ
ゆうな

ゆうなの感想・評価

3.0
松田龍平見たさ。松田龍平のながーーい足が人をばんばん蹴り倒すところが見れたのはまぁ良かった。小雪すごくきれい。大泉洋に対する感想は特にない。大泉洋だな〜って感じ。音楽が古っぽいところはちょっと好き。昔の刑事ドラマ感
>|