探偵はBARにいるの作品情報・感想・評価

探偵はBARにいる2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.4

「探偵はBARにいる」に投稿された感想・評価

まい

まいの感想・評価

4.8
全体はコミカルだが、ラストは切ない。大泉洋はコミカルな演技もシリアスな演技も出来るということがこの映画で分かるだろう。
最後に流れる、カルメン・マキが劇中でも歌った『時計を止めて』が、物語の全てを優しく包み込み、オーディエンスへの最高の余韻となって響き、この映画への心象を間違いなくあげてくれた。

レイモンド・チャンドラー的ハードボイルド感(フィリップ・マーロウ感)だったり、松田優作的なチャーミングなユーモアだったり、フィルムカメラで撮ったような(実際に何で撮ったのかは知らない)ザラついた質感の、雪積もる夜のすすきのだったり。
ぼくは全てが好きであった。

あと、大泉洋は素晴らしかった。
たまに、すずむしっぽいアホさが出るのがよい。
龍太郎

龍太郎の感想・評価

3.3
松田龍平さんが強い。結構バイオレンス‼️
伏線はわかりやすい。大泉洋と松田龍平がいい味を出している。北海道を舞台にした人情ある映画。
水曜どうでしょうの「宮崎リゾート満喫の旅」を先に見てしまっていたので、大泉洋がバーのカウンター席にいるだけでクスクスしてしまった。申し訳ない。。
他のシーンはアクションも含めて渋かっこよくまとまってます。

随所随所で北海道名物が登場!
あつと

あつとの感想・評価

3.5
2,3を見てもう一度評価してみようと思います。
1を1回見ただけじゃなかなか評価しづらい
札幌ススキノを舞台にした探偵ドラマ

わりかしコメディよりな探偵ドラマかと思ってたんですが、思っていた以上にシリアス
女優俳優陣はとにかく豪華でキャラクターも魅力的
大泉洋と松田龍平の掛け合いもおもしろいです
なんとなく全体的にメリハリに欠ける感じはしましたがおもしろかった

北海道行きたい


ciatrより転記
鑑賞日:2017/09/18
RUI

RUIの感想・評価

-
鑑賞記録
>|