ゆたろと

マイマイ新子と千年の魔法のゆたろとのレビュー・感想・評価

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)
4.0
片渕須直監督、見た目はけっこうオジサンなのに、何故こうにも女の子の描き方が上手いのか!
(よく考えると宮崎駿もけっこういい勝負なオジサンだな。)

『この世界の片隅に』が自分の中で大ヒットだったのだが、このタイトルとDVDの表紙から「子供向けの映画かな?」と、なんとなく過度な期待はしないまま鑑賞。

完全にナメてました!
子供向けどころか、めちゃくちゃ大人向けな映画です!

片渕監督は何気ない日常を描かせたら天下一品なのだと確信した。
何気ない日常でありながら、背景なんかでしっかりと時代や状況が説明されているのでぼーっと見ていると気付かないことがけっこう多い。

小さい頃楽しかったこと…
よくやった遊び…
疎遠になってしまった友達…
ショックだった出来事…

時が経つにつれて忘れてしまっていたことをぼんやりと思い出した気がして、不思議な感覚になった。

“特別”でなく、”普通”のほうに焦点を当ててくれる片渕監督の作風は、自分が”普通”の側にいる人間のなだけに、すごく救われる気がして前向きになれます。

早く次回作を作ってほしいなぁ