Tig

シャーロック・ホームズのTigのレビュー・感想・評価

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)
3.5
ガイリッチー再鑑賞を再開。全く内容覚えていないのにスコアつけるのも気が引けたので2回目。

新たなシャーロック・ホームズ像(といっても小説ほとんど読んだこと無いです…すみません(´・_・`))、のっけから険悪なワトソンとの関係など設定は興味深いです。皆さんレビューにも書かれていますが、ホームズの超人的な身体能力、頭脳の明晰さを強調する為のスローモーションなどガイ・リッチーらしい演出も見られるし、舞台のロンドンも恐らく当時の街並みを精微に再現していると思われるので、映像を観ていてそれなりに楽しめました。
ワトソンとホームズの掛け合いもいちいち皮肉が効いていて面白いし、僕の好きなケリー・ライリーもワトソンの婚約者役ででているじゃないか!あぁマーク・ストロングも!

相棒の婚約をいちいち妨害する嫉妬深いホームズ。ロバート・ダウニーJr.はこういう役もハマりますね。

ジュード・ロウ演じるワトソンはスマートな武闘派といった印象で、婚約してハッピーなんだけどその実ホームズに未練がある様子がかわいらしい笑
相手を締め上げる時の、「大丈夫、私は医者だ。」は笑ってしまう^_^;

ただ本筋の物語とその帰結に少し物足りなさを感じたのも事実。スナッチ製作費の約9倍のバジェットですが、良くも悪くも普通な感じといいますか。よく言えば安心して観られる作品ではあるんですが。ホームズというとどうしても上質なサスペンスというバイアスがかかってしまい、監督の「いや原作にも結構アクションあるでしょうが!」っていうノリについていけなかった。
最後タネ明かしの時にあーそうだったのかあ!という感動があまり無いというか。サスペンスというよりアクション冒険活劇としての側面が強い作品に思えました。続編は見た事ないので早速観てみます。