KK

ルディ/涙のウイニング・ランのKKのレビュー・感想・評価

4.4
泣ける。
ストレートなスポ根もの
こういう系に弱いなー自分笑

めちゃくちゃ感動してさすが名作!と思ったんだけど意外と見てる人少なかった......

体格にも運動神経も恵まれなかったルディ
幼い頃からノートルダム大学でアメフトをプレーするという夢を持っていた。
夢のためにルディは努力する。

本気で何かやりたいと思ったらここまで努力しないとならないとホントに思う。多くの人が「努力したけどダメだった」と言うが、それは本当に努力か?とも思う。
自分も含め、そういう努力ができる人ってあまりいないと思う。
逆に言えばそれができれば、ある程度のことはなんでもできると思う。

チームに入った後もルディの努力は続く
凄いのは試合に出れなくても腐らずに本気で練習に取り組むことだと思う。
初めはチームメイトにも疎まれていたが、本気の奴がいると周りも引っ張られる。
チームの勝利にルディが貢献していないわけがない。

ラストのゲーム
勝敗がほぼ決まったラスト30秒
たったそれだけの出場で夢が叶ったと言えるのだろうか。
ともかく感動した。
チームメイトとおじさんが最高

「証明とは自分にするものだ」
なんのために努力するかを教えてくれる映画だった。