アサコ

ことの終わりのアサコのレビュー・感想・評価

ことの終わり(1999年製作の映画)
3.7
不在に疲れた

愚か者が愛し合う限り探偵業は続く

ステキな言い回しが多い映画。主人公が文学者だから、セリフも詩的な示唆に満ちたものが多かった。
ま、話はメロメロ・メロドラマ!